特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

逆アクセスランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

8355(株)静岡銀行

株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

株価
940 (04/28) 前日比 -1.36%
週間記載ブログ
0ブログ
前日終値
(04/27)
953

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(04/28)
953
高値
(04/28)
956
安値
(04/28)
936
出来高
(04/28)
2,029,000
値幅制限
(04/28)
803~1103
単元株数 1,000株 最低購入代金 940,000円

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

最近【(株)静岡銀行】を紹介したブログ

並び替え
日付
仕手株
低位株・ボロ株
上昇率
日付 ブログ 記事 ブログのデータ
仕手株率 低位株率 平均上昇率
【PR】 銘柄ナビ
- PR -
株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.630 [投稿者:azi*****]
2017/04/26 23:44

明日1000円いくかな
No.629 [投稿者:神功皇后 神風いくよ。]
2017/04/20 09:25

もうかってるか~い。
No.627 [投稿者:神功皇后 神風いくよ。]
2017/04/19 15:18

今日も値。
No.625 [投稿者:mcn*****]
2017/04/16 12:59

【UBS証券レーティング情報 …】

UBS証券レーティング情報

・静岡銀行(8355) 「Sell」→「ニュートラル」格上げ 目標株価920円
No.624 [投稿者:勝5負2で少しずつ利益を上げる人]
2017/04/16 12:16

> 本日開示の、29年3月期大幅減額修正発表には失望したよ。
> これでは、4月17日、月曜は大幅下落だな。
> なぜ、堅実経営で定評ある銀行がこんな状態になったんだ。(';')

全然問題ないでしょう。むしろすでに織り込み済ですから。ここは、今までかなり銀行株の中でも出遅れが目立っていました。ところが、4月に入り上昇への胎動が見られつつあり、テクニカル的にも波動分析でも強い上昇サインが出ております。悪材料出尽くしたので、一瞬下げた後に、すぐに短期急騰すると読んでいます。
No.623 [投稿者:yrc*****]
2017/04/16 03:43

【探し物はぐーぐるで ぼく…】

探し物はぐーぐるで

ぼくと かぶしk
No.621 [投稿者:tos*****]
2017/04/14 22:07

本日開示の、29年3月期大幅減額修正発表には失望したよ。
これでは、4月17日、月曜は大幅下落だな。
なぜ、堅実経営で定評ある銀行がこんな状態になったんだ。(';')
No.619 [投稿者:神功皇后 神風いくよ。]
2017/04/13 08:56

もうけ~出てないの~~大丈夫?
No.617 [投稿者:神功皇后 神風いくよ。]
2017/04/12 18:14

本日は ウキウキ相場。
No.616 [投稿者:mim*****]
2017/04/12 16:35

底堅い動きと見せかけて落とすパターンもあるから‥‥わからない。
No.615 [投稿者:ゴチ様]
2017/04/12 15:56

( ³ω³).。o
No.614 [投稿者:神功皇后 神風いくよ。]
2017/04/10 22:48

後半のあげが いかしてるぜ。ないす。もうかりましたか~>ちぇけら。
No.613 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 16:13

不気味に静かな米株式市場 地政学的イベントに反応せずBy STEVEN RUSSOLILLO
2017 年 4 月 10 日 15:44 JST
ここ最近の金融市場は何が起きてもほとんど動じないようだ。このこと自体が1つの不安材料だ。
 先週だけでも、10人以上が死亡したロシアの地下鉄爆破テロ事件、スウェーデンのストックホルムでトラックが歩道に突っ込んだ事件、米軍によるシリア空軍基地へのミサイル攻撃という3つの大きな出来事が起きた。これだけの事件が発生すれば、市場はある程度動揺するものだが、株価はほとんど動かなかった。
 トレーダーの身体にはもう何年も前から、地政学的イベントには過剰反応すべきでないという教えが染みついている。2014年のロシアによるクリミア半島侵攻、15年のパリ同時多発テロ、16年のトルコでのクーデター未遂事件などを受けた株価急落はすぐに押し目買いのチャンスに転じた。これらの3つのどの事件の後も、いったん急落したS&P500種指数は5営業日以内に事件発生前の水準を回復した。

 だが、こうした市場の反応(の無さ)は先週、いっそう際立った。米東部時間6日夜、米軍によるシリアへのミサイル発射が報じられた直後、S&P500種指数先物は16ポイント下落したが、7日の寄り付きから数分でこのニュースが流れる前の水準を上回った。
 ナショナル・アライアンス・キャピタル・マーケッツの国際債券部門責任者、アンドリュー・ブレナー氏は「投資家はこうした類いのイベントには動じないようになってしまった」と述べ、「いったん動いても、続かない」と指摘した。
 このような反応の有無はおおむね、市場サイクルのどの局面にあるかで違ってくる。CFRAリサーチのチーフ投資ストラテジスト、サム・ストボール氏は、市場の状況が良いときの方が悪いときよりも投資家がこうしたイベントを材料視しない傾向がはるかに強いと指摘する。
 同氏によると、世界第2次大戦以降の「ブルマーケット(強気相場)」における13の「市場ショック」では、S&P500種指数は平均で約5%下落し、9営業日で底打ちした。一方、「ベアマーケット(弱気相場)」局面のショックでは、同指数は平均で約17%下落し、底打ちまで約2カ月かかった。
No.612 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:57

米最低賃金の引き上げに吹き始めた逆風By SCOTT CALVERT and ERIC MORATH
2017 年 4 月 10 日 10:22 JST
米国ではメーン州ポートランドからカリフォルニア州ロサンゼルスまでの多くの市や郡で、地域の最低賃金を引き上げる条例案が可決されてきた。しかし、最近はそうした流れに変化が起きていることが示唆されている。
 メリーランド州ボルチモア市のキャサリン・ピュー市長(民主党)は先月、2022年までに地域の最低賃金を時給15ドルに引き上げるという議決に拒否権を発動した。ピュー氏は市長選の選挙活動中は、そうした政策を支持していた。同州モントゴメリー郡でも今年に入り、同じような条例案の成立を郡長が阻止した。同郡はそれまで、地域の最低賃金引上げで先頭に立つ郡として知られていた。
 ピュー市長はあるインタビューで「人々にはより高い賃金を得てもらいたい」としたうえで、「しかし、私はボルチモア市を存続させたいとも思っている」と語った。

 最低賃金引き上げをめぐっては、賛成派は、低賃金労働者の所得を貧困ライン以上に引き上げる手段であり、また格差縮小の手段であると考えている。一方で反対派は、最低賃金の引き上げが雇用の妨げとなり、自動化への投資やより賃金が安い地域への事業移転を雇用主に促すことになると主張する。
No.611 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:57

連邦最低賃金は時給7.25ドルで、2009年以来引き上げられていない。しかし、米労働省によると、前回の連邦最低賃金の引き上げ以降、労働者の平均時給は4ドル近く(18%)も上昇してきた。
 メリーランド州シルバースプリングに拠点を置くビール会社、デニゼンズ・ブリューイングの創業者エミリー・ブルーノ氏は、最低賃金が引き上げられたら地元企業は不公平な打撃を受けることになると語る。中小企業は大幅なコスト増加の吸収能力では全国的な大手より劣るからだ。
 最低賃金が時給15ドルに引き上げられた場合、ブルーノ氏の会社の人件費は年間30万ドル増加する。この額は同社の年間利益とほぼ変わらないという。
 「従業員は家族同然なので、できるだけ高い賃金を支払いたい」とブルーノ氏は言う。「しかし、事業を継続していくためには利益を出す必要もある」
 議員らが地域の最低賃金引上げに抵抗している州もいくつかある。イリノイ州クック郡の少なくとも4つの自治体は、最低賃金を2020年までに13ドルに引き上げるという郡政府の方針採用を見送ってきた。アイオワ州のテリー・ブランスタッド知事(共和党)は3月、4つの郡で承認された最低賃金引き上げを撤回する条例案を承認した。アリゾナ州フラッグスタッフでは、地元有権者が昨年11月に承認した最低賃金引き上げ条例について、市会議員たちが引き上げのペースを遅らせるための修正案を議決したばかりだ。
 そうした撤回や修正で、全国的な最低賃金引き上げの波に抵抗してきた企業グループが再び勢い付く可能性もある。
 全米レストラン協会(NRA)で州・地方政府関係業務部門の責任者を務めるマイク・ワトリー氏は、最低賃金引き上げに対する民主党の反対はNRAのような団体にとって大いに助かると述べた。
No.610 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:57

その一方で少数の抵抗や撤回について深読みし過ぎるべきではないという見方もある。低賃金労働者の権利擁護団体、全米雇用法プロジェクト(NELP)によると、昨年には18の市や郡、7つの州で最低賃金の引き上げが承認された。
 NELPの弁護士、ツデイ・ギャブレサラッシー氏は「市や郡、そして非常に大きな州で最低賃金の引き上げはトレンドとなっている」と指摘。「2件の拒否権発動は例外的なものだ」と語った。
 ボルチモア市では、最低賃金引き上げの支持者たちは、市議会が11対3で可決したものに拒否権を発動した市長は公約を破ったと主張している。市議たちは拒否権を覆そうとしたが、十分な賛成数に達しなかった。その結果、ボルチモア市はメリーランド州全体の最低賃金に準拠し続けることになった。それは7月に9.25ドル、来年には10.10ドルに引き上げられることになっている。
 ボルチモア市長による拒否権発動について、国際サービス従業員労働組合(SEIU)現地支部のポリティカルディレクター、マーク・マクローリン氏は「選挙で選ばれた公職者によるあからさまで疑いの余地がない裏切り行為だ」と非難。同組織はピュー市長の選挙運動に協力していた。

 一方でピュー市長は、周辺地域と比べて失業率が高いボルチモア市の賃金が上昇することで、民間セクターの雇用が流出することを懸念配していると述べた。また同市のアナリストらは、最低賃金引き上げによって同市の人件費が4年間で1億1500万ドル増加すると見積もっている。
 ピュー市長は同市の一部雇用者から話を聞いた後で立場を翻したという。
No.609 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:45

強弱混在の米雇用統計、労働市場引き締まりを示唆By JUSTIN LAHART
2017 年 4 月 10 日 13:43 JST
米労働省が7日公表した3月の雇用統計を理解するための最善策は、かなり軟調だった雇用者数の伸びにも良好そうな失業率にも目を奪われないことだ。その代わり、この2つが強弱反対の内容を示す数字となった理由に目を向ければ、雇用市場は依然として堅調だという安心感を得られるだろう。

 3月の雇用統計が伝える雇用市場の現状はやや理解しづらいものだった。まず、非農業部門就業者数の前月からの伸びはわずか9万8000人とエコノミスト予想の17万5000人を下回り、1月と2月の雇用ペースに大きく届かなかった。一方、失業率は2月の4.7%から4.5%に改善し、約10年ぶりの低水準となった。さらに、平均時給が前年同月比2.7%増と、雇用市場の引き締まりが改めて示唆された。
 就業者数が事業所調査から集計されるのに対し、失業率は家計調査がベースとなるため、2つの数値が時にまちまちのシグナルを発するのは避けられない。3月については、恐らく天候が影響したと考えられる。労働省による事業所調査の期間がちょうど悪天候の時期と重なったことで、その週に給与を受け取れなかった人たちは雇用者数に数えられなかった。一方、家計調査では、悪天候のせいで仕事に行けない人も雇用者数に含まれる。
 2つの調査の違いは、雇用市場が失業率からうかがえるほど引き締まっているのかを判断する際の手掛かりにもなり得る。1990年代終わりや2000年代初めなど雇用が堅調だった時期には、事業所調査ベースの雇用者数は家計調査から推計される人数よりもはるかに多かった。直近のリセッション(景気後退)時の状況はこれとは反対だった。
No.608 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:45

こうしたずれは雇用市場の強さを反映している可能性がある。雇用が非常に好調な場合、引退した人など、通常なら働かないと考えられる人たちも仕事に就く。だが、こうした人たちは仕事をしているかと電話調査で聞かれれば、「ノー」と答えるかもしれない。本人は近所の店を手伝っているだけのつもりで、働いている意識はないからだ。逆に景気が悪いときには、本人は雇用されているつもりでも雇用主は従業員として数えていないといった、従業員名簿に載らない雇用者が増える。
 どちらの調査も雇用者数は変動しやすいが、2015年あたりから事業所調査の雇用者数が家計調査のデータに基づく雇用者数を上回り始めた。過去12カ月の差は平均27万人。250万人という00年代初めの差に比べれば小さいが、雇用市場への参加を待っている人たちはそう多くないと考えるのに十分なほどの回復ぶりだ。
 3月の雇用統計では、雇用市場の強さを裏付ける好材料が2つあった。長期失業率の低下と堅調な賃金伸び率で、この2つが発するメッセージは単純明快だ。労働者は賃上げを要求できるまでになり、雇用主は人員確保のために給与を引き上げる必要があるということだ。インフレや企業収益に与える影響も大きい。
No.607 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:40

欧州、極右政党の台頭は一過性にあらずBy MARCUS WALKER
2017 年 4 月 10 日 10:16 JST
欧州のポピュリストの潮流は頂点に達したのだろうか。
 フランスとドイツの世論調査の結果や、経済指標の改善、先月のオランダ総選挙の結果を受けて、欧州政界の主流派が反体制ナショナリストの反撃をかわすとの見方が一部で浮上している。
 安定志向の欧州は、米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利や、英国の欧州連合(EU)離脱決定といったポピュリズム的な番狂わせによる影響を英語圏諸国より受けにくいことを示唆する声さえある。

 予断を許さないフランス大統領選挙で、極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首が勝利したら、こうした見方はすぐに覆されるだろう。たとえルペン氏が負け、欧州のナショナリスト政党への支持が衰えたとしても、おそらく古い政治秩序に対する脅威は消えず、一段と高まる可能性がある。
 世論調査によると、ルペン氏は4月23日に行われる第1回投票でトップになっても、5月7日の決選投票では20ポイント以上の差で中道派候補のエマニュエル・マクロン氏に負けるとみられている。このため、来月、有権者の考えが大きく変わらない限り、ルペン氏が1月に欧州の主要な極右政党の集会で予測したように、2017年が「欧州大陸の人々が目を覚ます年」になることはなさそうだ。
No.606 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:40

3月15日に行われたオランダの議会選挙で、ヘルト・ウィルダース党首率いる極右政党・自由党は、世論調査で予測されていたほど票を伸ばせず、中道右派の与党・自由民主党に大きく離された2位に終わった。
 9月に連邦議会選挙が予定されているドイツでは、2大政党のキリスト教民主同盟と社会民主党の争いが激しくなる中、世論調査で反移民を掲げる極右政党「ドイツのための選択肢」の支持率が低下している。

 アナリストのピーター・ケルナー氏は先ごろ、シンクタンクのカーネギー・ヨーロッパ向けのメッセージで、いずれも極右のオーストリアの自由党やフィンランドの「真のフィンランド人」が失速しており、欧州ではポピュリズムが後退しているかもしれないと指摘した。
 野村のエコノミストは2月、経済データなどに基づく数理モデルによると、「ポピュリスト政党の平均支持率は昨年11月に31%前後のピークに達したが、今年9月には25%前後に低下する見通しだ」と述べた。
 長年にわたる欧州の景気低迷と難民危機が反移民・反EUの政党の支持率を押し上げたが、多くの政治学者は、反体制政党が着実に支持を伸ばしている背景には長期的な要因があると訴える。欧州の有権者の間では、欧州大陸の大半でキリスト教の教会や組合労働者を起源とする中道右派・中道左派政党への愛着がますます薄れ、これらの政党の政策は似たものになっている。中道の無党派層に焦点を絞った選挙戦では大抵、移民と欧州統合を支持する既存政党のコンセンサスに不満を抱く人々は無視された。
No.605 [投稿者:アフロ]
2017/04/10 15:40

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのサラ・ホボルト教授(欧州政治)は「必要なのは有能な政治起業家の登場だ。中道左派と中道右派が再び80%以上の票を獲得し、従来のやり方で政治を支配することはないだろう。文化的アイデンティティーとグローバル化を巡り新たな亀裂が生じている」と語った。
 既存政党のポピュリスト政党の取り込み方は、今年は大丈夫だとしても、いずれ後者の主張にお墨付きを与えかねない。オランダのマルク・ルッテ首相は3月の総選挙で、ウィルダース氏の反イスラム系移民発言を和らげたものを取り入れて再選を果たした。さらに重要なことに、ルッテ氏が樹立しようとしている穏健派政党から成る連立政権は、ウィルダース氏を既存勢力に代わる唯一の存在にする可能性がある。オーストリアは欧州の主流政党に「中道左派と中道右派の連立政権が長く続いたことで、極右の自由党がかつてないほど人気を集めている」という警告を発している。
 フランスの大統領選でマクロン氏か、保守派のフランソワ・フィヨン元首相が当選したら、その勝者は失業率の高止まりや根強い停滞感に苦しむ同国の改革で大きな難題に直面するだろう。これらの難題がニコラス・サルコジ、フランソワ・オランド両大統領の2期目就任阻んだ。再び失望を招くことがあれば、国民戦線を一段と勢いづかせる恐れがある。
 キングス・カレッジ・ロンドンのアナンド・メノン教授(欧州政治)は「フランスとオランダで大きな問題になるのは今年ではなく、次の選挙になるかもしれない。ポピュリズムはじわじわと広がるもので、収束には程遠い」と述べた。
 反体制派は来年も活動を続けるだろう。世論調査によると、18年4月までに行われる予定のイタリアの選挙では、ポピュリスト政党「五つ星運動」が首位に立ち、少数与党の政府を率いる可能性がある。同党はユーロ圏からの離脱の是非を問う国民投票の実施を公約に掲げており、欧州の現体制の真価が問われるかもしれない。

ページトップ