特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

6391(株)加地テック

利回り10%超と話題の全自動資産運用ロボ【最大3000円の現金プレゼント8/22まで!】

株価
2,699 (14:21) 前日比 -0.04%
週間記載ブログ
0ブログ
前日終値
(08/20)
2,700

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(11:25)
2,650
高値
(14:21)
2,699
安値
(11:25)
2,650
出来高
(14:21)
800
値幅制限
(08/21)
2200~3200
単元株数 100株 最低購入代金 269,900円

(株)加地テック関連ニュース ※関係のないニュースがある場合があります

日付 内容
08/12 00:30 加地テック<6391>のフィスコ二期業績予想Yahooニュース

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

最近【(株)加地テック】を紹介したブログ

並び替え
日付
仕手株
低位株・ボロ株
上昇率
日付 ブログ 記事 ブログのデータ
仕手株率 低位株率 平均上昇率
【PR】 銘柄ナビ
- PR -
【特集】お盆休み真っ只中!トルコリラ不安解消後はこの情報で稼ごう!!

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.639 [投稿者:uru*****]
2018/08/13 10:55

まさか寄り付き前の成り行き買いが本物だなんて思わなかったが、こんな地合いでよく注文出せたね
あっという間に2700円割れですが、地合いの悪いせいです
買い手はどの小型株も少なくなってます
逆に損の膨れた投資家から投げが出ます
統計上8月の安値を拾えば、年末上がるそうです(全体の指数の事です)
No.637 [投稿者:uru*****]
2018/08/10 18:52

3日で900株の出来高、誰も買わない
沈んだまま、小型株はどこも安いのだけれど・・・
No.636 [投稿者:uru*****]
2018/08/07 13:24

何もこんな地合いの良い日に決算後の安値更新だなんて・・・みんな油断していたね
板の薄い小型株は値が飛ぶ
No.635 [投稿者:小鬼]
2018/08/06 08:33

これが本当なら、いままでに発見されていない、物理の基本法則が発見されたことになります。
「永久機関が発明された」という類の、トンデモ記事の可能性も疑う必要があります。
No.634 [投稿者:day*****]
2018/08/04 10:34

特殊カーボンで水を水素と酸素に分解 -水からクリーンエネルギーを造る新しい特殊カーボンの開発に成功-(共同通信PRワイヤー)

2018年8月3日

特殊カーボンで水を水素と酸素に分解
― 水からクリーンエネルギーを造る新しい特殊カーボンの開発に成功 ―

 佐想光廣(サソーグラインドスポーツ株式会社 代表取締役)はクロステクノロジーラボ株式会社との共同事業において外部からの電気を利用することなく水分解をし、多量の水素発生に成功いたしました。その量は、1ℓの容器に1MPa以上※1の圧力の水素で、所要時間は約5分です。
 従来、水を分解し水素を発生させるには、電気を利用した電気分解が常識でした。
今回の水素発生は、エチリジン※2を発生させるカーボン開発の成功によるものです。
 水溶液中に存在するエチリジンによって、水溶液に投入した電極材料の局所部分でイオンコーティングされます。その部分と対極となるカーボン材料の間に、接触電位差の違いから電池作用が生じ、それにより電気分解で水素を発生しながら、キャパシタ部分に蓄電作用があり、電池が形成されます。電極部は、局所にサブナノメートルの空間を形成する多層構造となっていると考えられます。表層部のナノセルに生じた電池構造は、次々と消滅されていくものの内部の多層構造により、上記と同じ様な電池作用を発生しながら、次々と電池セルとしてアクティブになっていくと考えられます。これらのことにより、多量の水素発生が可能となります。
 材料には貴金属を使用せず、わずか9gのカーボンと負極になる安価なアルミを主原料としています。費用は、従来の貴金属に比べ1/1000程度です。
 また、工業化も容易であり、大型プラントの場合、水素製造のための液化ガスは不要になると思われます。
 この実験及び解析には、TF技研代表の上田一之氏(工学博士・ナノテクノロジー)の協力を得ました。

※1自動車のタイヤ圧は220KPaですが、それの約5倍の量です。
※2ガボール・A・ソモライ氏(米カリフォルニア大学バークレー校教授)が、エチレンの水素化反応において、白金触媒表面にエチリジン化学種が生成することを発見し、構造を決定しました。
No.633 [投稿者:uru*****]
2018/08/01 14:16

今日の下げで分かるように、短期投資の方は売りになってしまう
足元見る投資家と、先を見る投資家の均衡点は・・・?
No.631 [投稿者:uru*****]
2018/08/01 09:10

仰るとおりだと思いますが、見た目が悪い
売り上げは34%伸びても赤字を嫌気された売り
ただ今後の期待している投資家には絶好の買い場かもしれませんね
No.630 [投稿者:coe*****]
2018/07/31 19:41

当社事業の特性上、売上高は下期に偏る傾向が強く、当該結果は当初から想定しており、業績は期初予想通り
推移しております。
No.629 [投稿者:chi*****]
2018/07/31 19:32

まぁ、来年の今頃は……期待も含めて5000超えしてると思う。

配当利率も2%超えてるし、気長に待つよ。
No.626 [投稿者:chi*****]
2018/07/31 13:49

いよいよ決算発表❗
No.620 [投稿者:ted*****]
2018/07/28 23:56


クロステクノロジーラボ(福島県会津若松市)などは27日、外部からの電気を利用せずに水を水素と酸素に分解する特殊な炭素素材を開発したと発表した。この素材は貴金属を使わず、少量の炭素と負極になるアルミなどを用い、製造費用も抑えられるとしている。
No.619 [投稿者:nintendodaisuki]
2018/06/30 09:14

次期水素ステーション圧縮機 製品化

http://www.kajitech.com/pdf/07/3007-news.pdf
No.618 [投稿者:uru*****]
2018/06/25 11:14

決算発表以降の安値更新、今期決算を信じて買った投資家は全て含み損
3000円台は確実と思ったが、予想ははずれた
材料が出ても線香花火です
1Qの決算で見直されるか・・・???
No.617 [投稿者:uru*****]
2018/06/21 18:25

水素ステーション規制緩和と来れば、大幅上昇するのかと思ってしまったが、うまく行かない
解説によると電気自動車の開発もあって、そう容易くないようです
それでも好材料には変わりないのに、一時昨日と変わらずという事はどういうことか?
No.616 [投稿者:トフ]
2018/06/21 14:27

水素は難しい。それを取り扱えるのだから技術力あるのだろけど。水素社会という国策はもんじゅになりかねないと思ってるから、株価も追いつかないのではないか。アンモニアなどの水素キャリアを活用する方が現実的。
No.615 [投稿者:plz*****]
2018/06/18 09:42

出来高少ないすぎる
No.614 [投稿者:doj*****]
2018/06/17 11:34

時価総額も低いし、水素ですかー
将来性ありそうですねー

ニーサ枠っぽいな
No.613 [投稿者:渡鵜飼 株男]
2018/06/17 08:18

大手証券マル秘お得意様銘柄、東海カーボン、昭和電工へ資金を移したら、秋には2倍。
No.612 [投稿者:coe*****]
2018/06/13 19:46

●加地テック、水素ステーション向け特殊ガス圧縮機が増加

 各種プラント向け特殊ガス圧縮機を製造する加地テック <6391> [東証2]が4月27日、19年3月期通期の単体業績予想を発表した。売上高62億円(前期比42.0%増)、経常利益4億8000万円(同2.1倍)、最終利益3億3000万円(同2.1倍)を見込んでいる。今期は、水素ステーションの建設実施件数が増加見込みにあり、製品の機能向上に向けた取り組みも完了していることから受注・販売の拡大を見込む。また、高効率・省エネ・省メンテナンスを追及したPETボトル成型用圧縮機の新製品を17年6月に発売し、高い評価を得ているため、今後も受注・販売増加が想定される。加えて、石油精製・石油化学向け案件についても増加が見込まれる。

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201806130603

ページトップ