特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

6299(株)神鋼環境ソリューション

【注目】2018年も絶好調の凄い株サイト見つけたので紹介しておきます!

株価
1,930 (04/20) 前日比 ---%
週間記載ブログ
0ブログ
前日終値
(04/19)
1,930

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(04/20)
1,940
高値
(04/20)
1,949
安値
(04/20)
1,930
出来高
(04/20)
2,100
値幅制限
(04/20)
1530~2330
単元株数 100株 最低購入代金 193,000円

(株)神鋼環境ソリューション関連ニュース ※関係のないニュースがある場合があります

日付 内容

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

最近【(株)神鋼環境ソリューション】を紹介したブログ

並び替え
日付
仕手株
低位株・ボロ株
上昇率
日付 ブログ 記事 ブログのデータ
仕手株率 低位株率 平均上昇率
【PR】 銘柄ナビ
- PR -
株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

2chスレ まとめ

657: 04/12 13:47 銘柄: 2929 4572 4335 2468 8152 4506 4240 2372 6702 6675 4100 5724 3782 7432 4347 2176 7707 4779 3672 3652 6620 6955 6972 2321 9433 6618 6937 4901 3663 6143 6299 |山師さん |fj2yAIYY.net
【ザラ場材料イナゴ銘柄2014下半期】

7月
神鋼環境ソリューション(セシウム減容化技術開発)
FDK(次世代型電源装置開発)
エルナー(車載向けコンデンサ量産)
宮越HD(40億特別利益)
DMP(世界最小GPU開発)
ソフトブレーン(新サービスApple認定)
オルトプラス(ホモマスのリリース)
カルナバイオ(薬品の特許成立)
ソフトフロント(KDDIと協業)

8月 
カルナバイオ(医薬基盤研究所テーマ採択)
ソディック(スプルーブッシュ技術の中国・韓国特許発表)
アートスパーク(ZMP上場)
富士フイルム(エボラ特効薬)
大泉製作所(ボッシュと提携)
古河電池(非常用Mg電池開発)
PSS(NEDOガン診断プロジェクト参加)

9月
ブロードメディア(Gクラスタ大手提携思惑)
アイロムHD(大日本住友製薬と技術提携)
ソマール(IPS関連)
フュートレック(富士通と音声入力キット開発)

10月
ファーマフーズ(プロジェクト採択×2)
ダルトン(バイオハザード関連)
DDS(GoToMyPC提供開始)
戸田工業(BASFと合弁事業)

11月
アサカ理研(革新的レアアース・レアメタル回収技術)
ファーマフーズ(ペプチド創薬開発)
イナリサーチ(iPS再生医療技術開発)
サクサHD(法務省の顔認証技術者選定)
【急騰】今買えばいい株10167【700】

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.7 [投稿者:tas*****]
12:33

IRを小まめにお願いしたい。調べれば分かる事ではありますが、会社の株主への姿勢を示してほしい。
No.6 [投稿者:tas*****]
11:19

http://www.kentsu.co.jp/config/login.asp?type=bid&bidkbn=3&cd=3936873&yyyy=2017&area=1&raku=1
江戸川左岸流域下水道江戸川第一終末処理場汚泥焼却設備工事
工事種別 機械器具設置
入札日 2018/02/14
落札額 2,484,000,000 円
落札者名 神鋼環境ソリューション
No.5 [投稿者:tas*****]
11:10

JS東日本本部/中川流域処理場汚泥処理設備2/神鋼環境ソリューションに
 日本下水道事業団(JS)東日本本部は平成30年2月26日、「中川流域処理場汚泥処理設備工事その2」の落札者を神鋼環境ソリューションに決めた。落札額は19億8800万円。20日に一般競争入札を開札した。予定価格は後日公表する。

 施工場所は埼玉県三郷市番匠免。工事内容は汚泥消化タンク設備、加温設備、ガス貯留設備、付属設備の新設など。処理場の施設能力は1日当たり76万5000立方メートル。今回工事の計画汚泥量は1時間当たり192・2立方メートル、固形物量は同2・883トン、設備能力(汚泥消化ガスタンク設備)は1万立方メートル。工期は20年3月16日まで。設計は日本水工設計が担当した。
No.2 [投稿者:tas*****]
11:02

https://www.kensetsunews.com/archives/170568
神鋼環境ソリューションに決定/JSの江戸川第一処理場汚泥焼却設備
No.1 [投稿者:textreamオフィシャル]
2018/04/21 04:00

2018/04/21に作成された(株)神鋼環境ソリューションについて話し合うスレッドです。
スレッドのテーマと無関係のコメント、もしくは他にふさわしいスレッドがあるコメントは削除されることがあります。

textreamのビジネス、株式、金融、投資、または証券に関するスレッドに参加する場合は、Yahoo! JAPAN利用規約を再読してください。
<Yahoo! JAPAN利用規約 https://about.yahoo.co.jp/docs/info/terms/

Yahoo! JAPANは情報の内容や正確さについて責任を負うことはできません。
その種の情報に基づいて行われた取引や投資決定に対しては、Yahoo! JAPANは何ら責任を負うものではありません。

■一つ前のスレッド
『(株)神鋼環境ソリューション 2015/04/28〜2018/04/20』
https://textream.yahoo.co.jp/message/1006299/bfc09dda5qa5sa5fa5da5af/2
No.1000 [投稿者:kog*****]
2018/04/20 08:38

何の為に上場してるんですかね。誰得?って感じです。
No.999 [投稿者:tas*****]
2018/04/20 00:23

://www.jpx.co.jp/equities/listing/criteria/transfers/
指定条件です。
神戸製鋼関係だけで8割以上を保有されていますのでそれが市場に出されない限りは無理ですね。
No.998 [投稿者:tas*****]
2018/04/19 20:14

無理です。浮動株が少なすぎます。
No.997 [投稿者:yos*****]
2018/04/19 17:16

一部 昇格は、無理ですか・・??
No.996 [投稿者:tas*****]
2018/04/16 23:08

本決算発表は4月26日です。
今期予想まではJHI環境の統合の分があまり影響しないのかと思いますが、来期は中期経営目標の売上1000億円、経常利益50億円以上を達成することでしょう。
No.995 [投稿者:tas*****]
2018/04/16 00:06

前の方が投稿されていたものを再掲です。この技術は神鋼環境と北九州市の共同開発のようです。
http://www.data-max.co.jp/300411_dm1344_02/
KWSが進める海外水ビジネスの最前線~われわれのビジネスはこれからが正念場だ!(後)
「現地のニーズに合った技術」とは何か。その第一が「国際価格競争力」だ。発展途上国と日本では物価がまったく違う。どんなに良いモノでも、コストが合わなければ相手にされない。たとえば、水道管に使用される鋳鉄管。日本製は耐震性などに優れるが、その価格は、「中国製やフランス製と大きく乖離している」そうだ。水道料金が月25~30円の国で、日本製の鋳鉄管を入れた場合、大幅な料金値上げが必要となる。いくら官尊民卑の国とはいえ、国民が水を使わなくなれば、経営そのものが立ち行かなくなるのは必至だ。
 その一方、日本製の水道メーターの価格は、シンガポール製のモノと比べても大差なく、すでに現地で採用されている。同じ日本製品でも、なぜこのような差が生まれたのか。「内需マーケットに固持してきたビジネスと、外需を意識してきたビジネスとの違い」と指摘する声が多い。
 現地採用される技術は、国内大手メーカーのモノばかりではない。同市の中小企業の技術が採用された事例もある。(株)ジオクラフト(本社:北九州市小倉北区、石原均社長)が手がける上下水道施設マッピング管理システムがそれだ。
 ベトナム・ハイフォン市の水道担当者一行が北九州市の上下水道を視察に訪れた時、北九州市に納入されたジオクラフト製の施設管路管理システムが一行の目に止まった。「北九州市に技術協力を頼むなら、同じモノを入れよう」ということで、特命随意契約が結ばれた。「国内大手メーカーか、零細企業かどうかは関係ない。国際競争力のある良いモノは売れるし、悪いものは売れない。それだけのこと」と分析する。
 北九州市と(株)神鋼環境ソリューション(本社:兵庫県神戸市中央区)が共同開発した高度浄水処理技術「U-BCF(生物接触ろ過)」が2013年12月、ベトナム第三の都市(人口約187万人)ハイフォン市の小規模浄水場(処理能力5,000m3/日)に導入された。総事業費は87億ベトナムドン(約4,100万円)(ハイフォン市自己資金)。U-BCFは、北九州市の穴生、本城浄水場で稼働している生物活性炭処理を行うシステムで、オゾン活性炭処理に比べ、ランニングコスト面で優れるのが特徴だ。
 その後、(株)ユニ・レックス(北九州市小倉南区、村上勝昭社長)が主体となった官民共同チームは2015年2月、JICA事業として、ハイフォン、クァンニン、ナムディン、フートォ、ホーチミン、ティエンザンのベトナム6都市の浄水場で、U-BCFの実証実験をスタートさせた。実験結果は、2018年12月に明らかになる予定だ。
 このU-BCF実証実験プロジェクトの目的は、チーム北九州による現地浄水場建設の受注にある。実現すれば、総事業費数十億円のビッグビジネスにつながる。さらなる大型プロジェクトも控えている。カンボジアの地方都市の水道事業に、日本政府の運営権対応型無償資金協力により水道施設が整備される。その施設の完成後、その施設を用い日本企業が設立させる特別目的会社が最大10年間の運営権を取得するプロジェクトだ。その入札は、総合評価方式により、早ければ、本年内に決まる。「われわれのビジネスはまだまだスタートしたばかり。このビジネスをいかに軌道に乗せていくか。これからが正念場だ」と力を込める。
No.994 [投稿者:adj*****]
2018/04/15 20:02

何故水処理部門も統合しないのでしょうか。
No.991 [投稿者:tas*****]
2018/04/13 23:49

協業では効果が限定的なので、統合という形をとられています。
IR文にそのように記載されています。
No.990 [投稿者:adj*****]
2018/04/13 09:14

状況的に変わらないのは、神鋼環境ソリューションが子会社化をしても売上も利益も基本的に変わらないでしょう。
変わるのは、IHI環境エンジの莫大な利益が神鋼環境ソリューションに回るだけです。
もし、50億程度でIHIが売却すれば、一番得をするのは神鋼環境ソリューションです。

IHI環境エンジはIHIに吸収されても、神鋼との協業関係を進めていけばいいだけなので、IHI環境エンジは
損も得もしないので、何も焦って神鋼に売却されなくてもいいと普通に考えますけどね。

まあ、来年神鋼環境ソリューションが1000億以上の売上にならず、800億程度の売上に留まった場合、全体的にどう判断されるかでしょうね。
No.989 [投稿者:欲張りニャンコ 鯛を釣りたい^^]
2018/04/12 13:31

ふむ
No.988 [投稿者:tas*****]
2018/04/10 22:40

神戸製鋼グループの環境部門を神鋼環境ソリューションが一手に担っていると同じように、IHIグループの環境部門を一手に担っているのがIHI環境エンジニアリングですので、仮にIHIに吸収したとしても規模は大きくなりませんし、状況は改善しません。つまりは、IHIに吸収しようとしまいと状況は変わらないのです。
このようなことから、同様の事業を行っている神鋼環境と統合するという形をとれば廃棄物事業が双方相違する方式の特許と持っているので事業展開として強化することができ、他の大手競合と渡り合うことができるわけです。
No.987 [投稿者:adj*****]
2018/04/10 20:42

IHI環境エンジは、経営が悪くなれば、IHIに吸収されればよいことと思いますよ。
No.986 [投稿者:tas*****]
2018/04/10 17:48

IHI は親会社です。神鋼環境と比較すべきは IHI 環境エンジニアです。 IHI 環境エンジニアとしては、規模的に神鋼環境より小さいので今後のことを考えて統合してより規模を拡大することが IHI 環境エンジニアの社員のためにもなると判断された部分があるのではないかと思います。
No.985 [投稿者:adj*****]
2018/04/10 13:00

生き残るため というのは違う気がします。神鋼環境ソリューションからすると、必死であるという理由は分かりますが。IHIからすると協業関係なら、会社が存続しても可能なことなので、IHIからすれば必死というレベルではないはずです。神鋼環境ソリューションにとっては、ゴミ関係の仕事がなくなれば、その他儲かる部門はありませんので。IHIからすると、本来なら25億の利益で、役員を何名雇えるかなどは計算しているはずだと思いますよ。
No.984 [投稿者:tas*****]
2018/04/10 12:38

何度もいいますが、今回の統合は、お金か目的で行われるものではありません。今後人口減少社会の中で双方で協議した結果、生き残るためには統合するしかない、との判断からだと思います。
No.983 [投稿者:adj*****]
2018/04/10 11:33

IHI環境エンジは廃棄物のみだと約25億程度の純利益が見込まれるということでしょうか。
150億の売上で25億の利益だと、約16%程度の純利益となります。
これはもう超優良企業といえます。IHI本体が、易々と50億程度で売却するとは思えないのですが。
No.982 [投稿者:tas*****]
2018/04/10 00:32

神戸ユーグレナ ウインナー
http://www.sandaya8629.net/SHOP/736.html

ページトップ