特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

逆アクセスランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

4021日産化学工業(株)

株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

株価
3,625 (08/18) 前日比 -1.49%
週間記載ブログ
0ブログ
前日終値
(08/17)
3,680

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(08/18)
3,630
高値
(08/18)
3,650
安値
(08/18)
3,615
出来高
(08/18)
435,700
値幅制限
(08/18)
2980~4380
単元株数 100株 最低購入代金 362,500円

日産化学工業(株)関連ニュース ※関係のないニュースがある場合があります

日付 内容

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

最近【日産化学工業(株)】を紹介したブログ

並び替え
日付
仕手株
低位株・ボロ株
上昇率
日付 ブログ 記事 ブログのデータ
仕手株率 低位株率 平均上昇率
【PR】 銘柄ナビ
- PR -
株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

2chスレ まとめ

30: 08/07 09:20 銘柄: 7703 6869 4021 |山師さん@トレード中 |i8Ahv/QQ0.net
7703 川澄化工業

献血頼らず輸血、iPSから血小板量産 国内16社

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04ICH_W7A800C1MM8000/

> 製薬・化学関連の国内企業16社は
> 体のあらゆる部分になることができる万能細胞「iPS細胞」を使い、
> 血液の成分である血小板を量産する技術を
> 世界で初めて確立した。


> メガカリオンは血小板をiPS細胞から製造する技術を持つ。
> 臨床試験に必要な量産技術の研究を大塚製薬工場、日産化学工業、シスメックス、
> シミックホールディングス、佐竹化学機械工業、
> 川澄化学工業、京都製作所など15社と進めていた。
【速報】急騰・急落銘柄報告スレ 9810

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.474 [投稿者:ton*****]
2017/08/09 09:31

この会社は、ヨーロッパで禁止された、ラウンドアップ製造している。
悪性リンパ腫が増えたレポートあり。
また、医薬品スタチン製造で、コレステロール下げれば良いという、
プロパガンダで使用量日本ではふえつずけている。ディオバンみたいな
操作かな?
No.471 [投稿者:coffee]
2017/08/04 23:08

【第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比16.0%増の108億円!アナリスト予想の90億円を20.6%上回る!】

ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170804-11402115-ifis-stocks
【業績速報】日産化学工業、1Q経常10,851百万。アナリスト予想を上回る
8月4日15時06分配信 アイフィス株予報

【業績予想/決算速報】日産化学工業<4021>が8月4日に発表した2018年3月期第1四半期の経常損益は10,851百万円、直近のIFISコンセンサス(9,000百万円)を20.6%上回る水準だった。
また同日発表された業績予想によると通期の経常損益は前回予想を据え置き、5%増益の33,300百万円を予想、IFISコンセンサスを3.3%下回る水準となっている。
尚、中間の経常損益は15,100百万円を予想、直近のIFISコンセンサスを7%下回る水準となっている。


ttp://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/08/04-30429.html
日産化学工業 後発薬原薬を拡大 高活性2剤の開発推進
2017年08月04日、化学工業日報

 日産化学工業は高薬理活性領域のジェネリック医薬品(後発薬)向け原薬を拡大する。ビタミンD3誘導体であるマキサカルシトールは2015年に原薬等登録原簿(マスターファイル=MF)登録が完了、複数の後発薬メーカーに供給している。これに続いて2剤の開発が進行中で、19年と20年にそれぞれMF登録申請を行う予定。後発薬原薬の拡大に向けて、小野田工場(山口県山陽小野田市)に高薬理活性原薬対応の封じ込め設備を新たに整備している。後発薬原薬を一つの柱に育成するとともに、ここで培った知見などを生かし新たな分野への展開も目指す。
No.469 [投稿者:tri*****]
2017/08/04 15:55

成長し続けますなぁ
No.468 [投稿者:coffee]
2017/08/03 22:06

ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170803-00000019-ifis-stocks
日産化学工業、経常利益コンセンサス8.6%増益の予想。8/4決算発表予定。
8月3日13時21分配信 アイフィス株予報

日産化学工業 <4021> 18/3期 1Q

決算発表は、2017年8月4日の予定。
18/3期経常利益コンセンサスは8.6%増益の予想、会社予想を3.4%上回る水準となっている。
アナリスト評価の平均は「やや強気」(アナリスト数6人)。
目標株価コンセンサスは、株価を10.9%上回る水準(8/2時点)となっている。

主な指標
◇株価(終値)         3705円
◇今期予想PER        21.69倍(コンセンサス)
◇レーティングコンセンサス  4.17 「やや強気」(アナリスト数6人)
◇目標株価コンセンサス   4108円(アナリスト数6人)
◇目標株価かい離率     +10.9 %

経常利益 実績および予想 (8月2日現在)
 17/3期 経常利益 会社実績     31,713百万円
 18/3期 経常利益 会社予想     33,300百万円
 18/3期 経常利益 コンセンサス   34,433百万円

※ 上記数値は8月2日現在のものです。
※ 決算発表日は、変更になる場合があります。
No.466 [投稿者:まるこ]
2017/07/27 21:26

なんでここ上がらないの…
No.464 [投稿者:yjp*****]
2017/06/27 17:55

ラウンドアップに発がん性。
除草剤、ちょっと怖いですね。
No.463 [投稿者:roi*****]
2017/06/27 15:44

2017/6/27
『カリフォルニア州、モンサント除草剤を発がん性認定へ』
・米カリフォルニア州は26日、米農薬・種子大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」に含まれる有効成分グリホサートについて、7月7日から発がん性物質のリストに加えると発表。
・2002年、日本での商標権・生産・販売権は、日本モンサントから日産化学工業へ譲渡。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000069-reut-bus_all
No.460 [投稿者:coffee]
2017/06/21 22:26

ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170620-10000069-dzh-stocks
前場コメント 日産化学など
2017年06月20日11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ
★9:12
日産化学-みずほが目標株価引き上げ 農業化学品をけん引役とする成長シナリオが加速

 日産化学工業<4021>が続伸。みずほ証券では、農業化学品をけん引役とする成長シナリオが加速していると判断。投資判断「買い」を継続、目標株価を4100円→4300円と引き上げた。

 みずほでは従前より、フルララネル(動物用医薬品原薬)や「ラウンドアップ」(非選択性茎葉処理除草剤)など農業化学品をけん引役とする成長シナリオを描いてきたとしたが、今後はその傾向がより一層強まるものと予想。
フルララネルを有効成分とするペット用外部寄生虫薬「ブラベクト」の販売が従来予想を上回るペースで推移しているほか、「ラウンドアップ」も販売戦略が奏功し、購買層が広がっている。
農業化学品の営業利益は前17.3期132億円から20.3期225億円へ拡大を予想。
利益構成比も、前17.3期42%から20.3期56%へ上昇が見込まれるなど、コア事業として過去最高益更新の原動力になると予想。
No.456 [投稿者:sir*****]
2017/06/07 16:15

日銀の間接保有割合上位10銘柄 3月末時点  ETF組み入れ組成から推定
1、 アドバンテスト
2、 ファーストリテイリング
3、 太陽誘電
4、 TDK
5、 ユニーマート
6、 東邦亜鉛
7、 トレンドマイクロ
8、 コムシスHD
9、 コナミ
10、日産化学工業
No.455 [投稿者:sir*****]
2017/06/07 15:19

今日の(6/7)モーニングプラスで日銀買い入れ推定銘柄の10位に日産化学工業が入っていたように見えたのは私だけか?  本当なら底は固い。
No.453 [投稿者:sof*****]
2017/06/03 09:47

自社株買い終わったから下落が始まるなどとという単純なものではない。処分したい向きが自社株買いを利用して高値で売りさばいてるケースもある、そういう向きはもう下値を売ってこないからだ。意外と上が軽くなっている場合もある。一般的には多少下落はしますがここがどうなるかは解かりません。
No.452 [投稿者:coffee]
2017/06/03 00:23

ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170602-03414029-kabukei-stocks
日産化は反落、自社株買い終了を発表で需給への影響を警戒
6月2日(金)13時14分配信 株経ONLINE

 日産化学工業 <4021> が反落。この日、自社株買いの終了を発表しており、需給面への影響を警戒した売りが出ているようだ。

 5月12日に発表した自社株買いでは、上限を170万株(発行済み株数の1.12%)、または50億円を上限としていたが、6月1日までに130万3700株を取得。取得価額の総額は49億9980万円に上ったという。



【コメント】
自社株買いは、基本的には(完全市場を前提とした場合)株価に中立です。
ただし、株価が割安に評価(過小評価)されている時の自社株買いは株価にプラス要因となり、株価が割高に評価(過大評価)されている時の自社株買いは株価にマイナス要因となります。
今の日産化学では、あまり気にしなくて良いと思います。

(参考)
――――――――――
自社株買い
stock repurchase

自社株買いとは、企業がキャッシュを支払って、市場から自社の株式を買い戻すこと。日本では1994年に解禁された。

企業サイドから見ると、手持ちのキャッシュを株主に還元するにあたり、配当として支払うという方法の他に、株主から自社株を買い戻すという新しいオプションができたと考えられる。その意味で、自社株買いは配当政策と同等の意味合いを持つものと言える。近年では、配当政策と自社株買いを合わせて利益還元政策と呼ぶようになってきた。

完全市場を前提としたMM理論の元では、配当政策同様、自社株買いは株主にとっての企業価値、すなわち株価に対して中立とされている、しかし実際には、配当のシグナリング効果で示したのと同様の理屈から、投資家は自社株買いをするという企業の行動に様々なメッセージを読み取り、それが株価に影響を与える。したがって、配当の場合と同様、企業はそうした要素も勘案した上で自社株買い実施の是非を判断しなくてはならない。
――――――――――
No.451 [投稿者:sir*****]
2017/06/01 23:26

来そうな感じあるね、26週移動平均線から乖離が少ないのもいい。13週移動平均線の方が下にあるが水平になっており株価が上昇すれば追いついて来るだろう。いずれにしても明日の動向が大切。
No.450 [投稿者:coffee]
2017/05/25 23:26

Newsモーニングサテライト
2017年5月25日(木)05:45~07:05 テレビ東京

【ブラベクト錠】

東証一部に上場する日産化学工業。
農薬・医薬品の開発販売の他、製薬メーカーに原薬を供給。
液晶パネルの電子材料なども手がけ、売上は右肩上がり。
去年は1800億円を超えた。

売上の25%が農薬。
主力は除草剤。
従来の除草剤と違い水と一緒に流すだけで効果を発揮するという。

日産化学工業の社長に化合物が20万点以上置いてあり、図書館と呼ばれる場所に案内してもらった。
欲しい化合物をパソコンにうつと数分で取り出せる。
化合物は毎年5000種類以上開発されている。

動物用医薬品ブラベクト錠。
その成分はここの農薬課程で発見。
米医薬品大手に供給している。

日産化学工業は1887年に創業。
渋沢栄一は創業メンバーの一人。
研究開発力は当時から引き継がれている。
研究開発費には毎年売上の8から9%を費やしている。
No.449 [投稿者:coffee]
2017/05/25 19:27

ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170525-10000074-dzh-stocks
前場コメント No.17 日産化学
11時30分配信 トレーダーズ・ウェブ

★10:53  日産化学-ジェフリーズが目標株価引き上げ OLEDの影響は懸念する必要がない

 日産化学工業<4021>が変わらずを挟んで4日続伸。ジェフリーズ証券では、OLEDの影響は懸念する必要がないとコメント。投資判断「BUY」を継続、目標株価を4350円→4450円と引き上げた。

 業績予想を見直し。一部の投資家はOLED(有機EL)がもたらし得る悪影響に懸念を抱いている。しかし、中国におけるスマホの配向IPS方式から光配向IPS方式へのシフトに伴うプラス影響が、ハイエンドのスマホにおけるOLEDへのシフトに伴うマイナス影響を補って余りあると思われるため、ジェフリーズでは前述の懸念を共有していないとした。加えて、トップクラスのパネルメーカーが日産化学の製品をすでに採用し始めたため、同社はVA方式LCD用配向膜市場でシェアを拡大する見込みとした。
No.446 [投稿者:日経新聞大好きな人]
2017/05/25 09:53

私もモーサテみました!
研究開発費にしっかりと捻出して予算を組んで医薬品や農薬を開発続けているすばらしい企業ですよね!
何よりも日経がプッシュしているあたりが期待できますね!
No.444 [投稿者:sun*****]
2017/05/25 06:55

モーサテで取り上げられた〜〜〜〜(╹◡╹)♡
No.443 [投稿者:tax*****]
2017/05/18 19:02

頑張れ!もうひと息や。ここが勝負の分岐点!
No.441 [投稿者:coffee]
2017/05/12 22:36

◎H28年3月期の連結経常利益は前期比7.4%増!今期は5%増へ!
◎化学品部門は、基礎化学品、ファインケミカルともに堅調
◎農業化学品部門は、フルララネル(動物用医薬品原薬)が伸長

━━━━━━━━━━
ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170512-00000187-stkms-stocks
【決算速報】日産化、今期経常は5%増で4期連続最高益、前期配当を2円増額・今期は8円増配へ
13時02分配信 株探ニュース

 日産化学工業 <4021> が5月12日後場(13:00)に決算を発表。17年3月期の連結経常利益は前の期比7.4%増の317億円になり、18年3月期も前期比5.0%増の333億円に伸びを見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。6期連続増収、増益になる。

 同時に、前期の年間配当を50円→52円(前の期は44円)に増額し、今期も前期比8円増の60円に増配する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比35.3%増の124億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の17.6%→21.9%に上昇した。

━━━━━━━━━━
ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170512-11402113-ifis-stocks
【業績速報】日産化学工業、経常7.4%増益。アナリスト予想を上回る
13時06分配信 アイフィス株予報

【業績予想/決算速報】日産化学工業<4021>が5月12日に発表した2017年3月期の経常損益は7.4%増益の31,713百万円、直近のIFISコンセンサス(30,760百万円)を3.1%上回る水準だった。また同日発表された業績予想によると2018年3月期の経常損益は5%増益の33,300百万円、IFISコンセンサスを2.7%下回る水準となっている。尚、中間の経常損益は15,100百万円を予想している。

━━━━━━━━━━
ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170512-03366070-kabukei-stocks
日産化は後場買われる、除草剤などの好調で18年3月期営業利益は3.4%増予想
13時50分配信 株経ONLINE

 日産化学工業 <4021> は後場に入って買われている。同社は12日午後1時、18年3月期の連結業績予想を発表した。売上高は1890億円(前期比4.8%増)、営業利益は325億円(同3.4%増)、最終利益は252億円(同4.9%増)を見込んでいる。また、上限50億円、170万株(発行済株式総数“自己株式を除く”に対する割合1.12%)の自社株買いの実施も発表した。

 同社が発明した化合物フルララネルを原薬とする動物用医薬品「ブラベクト」のイヌ用経口投与剤が世界80カ国以上で販売されている。加えて昨年、欧米でネコ用経皮吸収剤が上市された。現在、旺盛な需要に対応するため、生産体制の強化を進めている。水稲用除草剤「アルテア」、非選択性茎葉処理除草剤「ラウンドアップ」は製品ラインアップを充実させ、普及面積、販路の拡大に挑戦している。液晶表示用材料ポリイミド「サンエバー」は、既存顧客でのシェアアップと新規採用の獲得による拡販を加速させる。

 なお、17年3月期連結決算は、売上高1802億8900万円(前の期比1.9%増)、営業利益314億3800万円(同9.9%増)、最終利益240億2600万円(同7.5%増)だった。
No.440 [投稿者:tam*****]
2017/05/12 19:28

2016年5月12日の中期経営計画書によれば、2016年度予測の営業利益は297億円から314億円へ上方修正された。2018年度計画は350億円。着実に成長していると思う。
自社株はおまけみたいなもの。ラッキー。

ページトップ