特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

逆アクセスランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

3774(株)インターネットイニシアティブ

株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

株価
2,189 (11:30) 前日比 -0.23%
週間記載ブログ
2ブログ
前日終値
(05/22)
2,194

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(09:00)
2,194
高値
(09:16)
2,197
安値
(10:20)
2,181
出来高
(11:30)
22,500
値幅制限
(05/23)
1694~2694
単元株数 100株 最低購入代金 218,900円

(株)インターネットイニシアティブ関連ニュース ※関係のないニュースがある場合があります

日付 内容

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

2chスレ まとめ

433: 05/20 00:44 銘柄: 3774 |山師さん |hQlCD7bn.net
>>425
インターネットイニシアティブでリベンジしようぜ
【急騰】今買えばいい株7997【スレ調整】

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.445 [投稿者:tg0*****]
2017/05/22 20:12

ちょっとでも上がって安心
No.443 [投稿者:りそな]
2017/05/17 12:26

5/17 大和証券 3継続 目標株価 1,860円 → 2,150円
No.441 [投稿者:ちーちゃん]
2017/05/17 08:46

今日も派手にやってきそうですね。

いい加減にシテね♡
No.440 [投稿者:kn_*****]
2017/05/16 22:11

たぶん5000は、かたいとなってきたね
No.439 [投稿者:iti*****]
2017/05/16 17:04

ビットコイン関連でも新鮮です。手垢もぶれの マネパと違う。
No.438 [投稿者:dvr*****]
2017/05/16 13:36

身代金ウイルス報道を受けたセキュリティークラウド事業への思惑買いでしょうか?
ウイルス対策としてクラウドへのデータ保管は有効だと考えます。
No.437 [投稿者:rub*****]
2017/05/16 12:52

午前中もうあまり上がりそうにないので2211に1枚刺して置いたら約定していた
その値段での約定は僕の1枚のみ
で今2230か。嬉しさも半減だ。もう少し待てばよかったかな
なんかもう少し欲が出てきたかな。
No.436 [投稿者:rub*****]
2017/05/16 10:56

もう少し上がるまで待つかと思っていたがこの辺で売るか
持ち値は1629.X
配当20年分だしまあ良いかと
No.435 [投稿者:IT屋さん]
2017/05/16 05:08

減益要因について、案件の大口化によるリードタイム長期化とあるけれども、要するに、クラウドビジネスの通常のターゲットである中小企業やスタートアップには売れてなくて、オンプレミスやプライベートクラウドの市場でしかビジネスが出来てないし、その市場でも利益が取れてないってことですよね。
AWSなどは膨大な設備投資をし続けながら利益を出しているのであって、市場自体の案件が大型化してるのではなく、IIJがリードタイムの短い案件を取れてないということでしょう。
No.434 [投稿者:テゲレッド]
2017/05/15 22:14

iijに投資するのも面白そうだけどNTTが大株主というのが気にくわない
No.433 [投稿者:ちーちゃん]
2017/05/12 08:38

ずっと監視はしてるけど…
ここ、こんな値動きしてたっけ?笑
No.432 [投稿者:bam*****]
2017/05/09 11:30

クラウド事業への先行投資も良いが、もう少し株主への還元も意識していただきたい。
増配が無理ならせめて優待くらいつけてくれ
長期保有していたが、今度の本決算次第では見切る
No.431 [投稿者:gli*****]
2017/05/08 12:41

テクニカルでは良好だね。少し買ってみた。
No.430 [投稿者:sho*****]
2017/05/06 20:56

mineoみたいな親切で楽しそうなMVNOと比較して、最近はいつも後追いでつまらないサービスだなあと思うよ。
しかもスピードでもMVNOの平均よりやや遅いとか、もう魅力ない。
IIJはくだらないサービスすべてなくして通信速度という本質に投資してほしい。
LINEモバイルに負けてて悔しくないのかなここの社長さん。
何回線も長いこと使ってきたけど解約するしかないと思ってます。

イメージ悪化したら企業向けのサービスも選択外になると思いますよ。
昔は他人に聞かれたらIIJ勧めてきましたけどね。
No.429 [投稿者:わぎゃん]
2017/05/01 12:26

勝英治郎がいる限りここは安泰。
No.428 [投稿者:nob*****]
2017/04/28 16:03

いやあ、新規契約者には半年間データ倍増とか特典いろいろつけてくるのに既存の契約者にはデータプレゼントとかの恩恵は一切なしなんだよね。
 これだと一旦抜けて出戻り(MNP手数料はかかるが)とかの方が有効に使えるのか?とも思えてくる。

株主優待は半年データ1GBプレゼントとかでもいいな。 ただ年金とか企業の持ち合いはそんなもんいらんわ!配当の方がいいわになるけどね。
No.427 [投稿者:dvr*****]
2017/04/28 15:17

三大キャリア的なサービスはMVNOには不要かと思います。株主優待でiijmio料金サービス(1ヶ月分、標準的な1700円程度)は欲しいなと思ってます。
No.426 [投稿者:nob*****]
2017/04/27 08:23

ミオフォンって長期契約者には何にも特典無いんだな。
No.425 [投稿者:願掛け坊主]
2017/04/27 03:32

「IIJ GIO EUサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ ユーティリティモ デル」を提供開始

システムリソースの利用率に応じた従量課金により、VMware仮想化基盤の初期導入コストを低減

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)の100%子会社で、ロンドンを拠点に欧州でシステムインテグレーション事業等を展開するIIJ Europe Limited(IIJ Europe、本社:ロンドン、Managing Director:山本 学)は、欧州で提供しているクラウドサービス「IIJ GIO EUサービス」のラインアップに、VMwareの仮想化基盤が利用できる「仮想化プラットフォーム VWシリーズ(以下VWシリーズ)」の新たな課金モデルとして、初期導入時のシステムリソースの利用率に応じて従量課金する「VWシリーズ ユーティリティモデル」を追加し、本日より提供開始いたします。

IIJ GIO EUサービスは、IIJが日本国内で提供している「IIJ GIO(ジオ)サービス」で培ってきたクラウドサービスの運用ノウハウを最大限に活用し、日本と同様の高品質なサーバ環境を提供するサービスです。そのラインアップの一つである、クラウド上でお客様専用のVMware環境を提供するVWシリーズは、OSやアプリケーションを自由に設計・構築できるため、既存システムと組み合わせたプライベートクラウドの構築など比較的規模の大きなシステム用途で利用され、仮想サーバの台数に応じて月額利用料が課金されます。このたび、VWシリーズ ユーティリティモデルを追加することで、導入初期の小規模なシステムやテスト用途向けにシステムリソースを使用した分だけの従量課金で利用したいというお客様のニーズにお応えします。本モデルでは、導入から1年以内の利用においてはメモリやCPUの利用率に応じて795ポンドからご利用いただけます。

IIJグループでは、今後も欧州においてビジネスを展開するお客様のIT基盤の構築・運用を積極的に支援してまいります。
No.423 [投稿者:Yamasan]
2017/04/26 16:49

売り時到来だね。敏感な奴は逃げとけよ。一気に崩れてくる
No.421 [投稿者:願掛け坊主]
2017/04/26 10:56

ICT総研、「2017年 クラウドストレージサービス市場動向調査」結果を発表

 ■クラウドストレージサービス利用者は2017年度に4,353万人、市場規模は677億円

 ■クラウドストレージ有料サービス利用率は10.9%、無料サービスを含めると約4割が利用

 ■アップルiCloudが利用者数トップ、Dropbox、Google Drive、マイクロソフトOne Driveが続く

 ■顧客満足度1位はGoogle Drive、2位 Amazon Drive、3位 Dropbox、4位 Evernote

 ■クラウドストレージサービスの主用途は写真・動画保管へ


■クラウドストレージサービス利用者は2017年度に4,353万人、市場規模は677億円へ拡大

 個人ユーザーが保有する写真・動画・音楽・文書などのデジタルデータの容量は年々増え続けており、貴重なデータを消失させないために様々な保存方法が模索されてきた。かつては、パソコン上の膨大な電子データを外付けハードディスクなどに保存してバックアップを取る方法が主流だったが、ここ数年でクラウド型オンラインストレージサービスが多くの事業者から無料で提供されるようになり、クラウド上に電子データを保管するユーザーも増えている。

 ICT総研の調査・推計では、2014年度(2015年3月末)に2,788万人だった日本国内の個人向けクラウドストレージサービス利用者は、2017年度に4,353万人となり、2019年度には4,948万人へと増える見込みだ。このうち有料サービスの利用者数は、2017年度で1,157万人に達し、2019年度に1,365万人へと増加する。さらに、有料サービスの利用者が増加することで、個人向けクラウドストレージサービスの市場規模は2017年度で677億円、2019年度には775億円に拡大する見込みである。

■クラウドストレージ有料サービス利用者は全体の10.9%、無料サービスを含めると約4割が利用

 「有料サービス」「無料サービス」の利用者を合わせると39.7%となるが、まだストレージサービスを利用していない非利用者は全体の60.3%を占めている。今後クラウドストレージ市場を拡大させるためには、まだ利用していない潜在ユーザーを開拓することが必要である。

ページトップ