特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

逆アクセスランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

3302帝国繊維(株)

東証1部  繊維製品

株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

株価
2,150 (12:37) 前日比 +1.65%
週間記載ブログ
1ブログ
前日終値
(08/16)
2,115

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(09:00)
2,120
高値
(09:00)
2,160
安値
(09:00)
2,120
出来高
(11:29)
21,400
値幅制限
(08/17)
1615~2615
単元株数 100株 最低購入代金 215,000円

帝国繊維(株)関連ニュース ※関係のないニュースがある場合があります

日付 内容

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

最近【帝国繊維(株)】を紹介したブログ

並び替え
日付
仕手株
低位株・ボロ株
上昇率
日付 ブログ 記事 ブログのデータ
仕手株率 低位株率 平均上昇率
【PR】 銘柄ナビ
- PR -
株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?
08/15 ☆株主優待でハピハピ☆ 今日の取引 3.60% 6.47% +9.56

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.359 [投稿者:hir*****]
2017/08/14 13:09

戦争銘柄でしたね。
No.358 [投稿者:hau*****]
2017/08/14 09:24

4月に急騰した時は、スパークスの意見表明と北朝鮮リスク増大による戦争銘柄全般の投機上げとが重なったため、帝国繊維が戦争銘柄としてカウントされるのかどうかという問題も含め、どちらの因子が帝国繊維の株価形成にどれくらいの影響を及ぼしたのかがわかりにくかったが、今日の動きを見ると、重松製作所等の戦争銘柄が急上昇を続けているのに対し、帝国繊維は下げている。この動きを見る限りにおいては、4月の上げの原因がやはり、スパークスの意見表明だったと解釈するのが正解ということになろう。それだけスパークスの意見には経営陣を動かすだけの正当性と説得力があると市場は期待したのだ。
No.349 [投稿者:cos*****]
2017/07/27 10:27

この株は 相続しました~ 数年漬け込んであったのを 6月に 売りました。
歴史ある会社で 地味ですが 少しずつ 上がります。 今月 また 多少買い直しましたが
ジリジリ スコーシ は 上がって来てます~ ジックリ ロングで行きます。
No.348 [投稿者:abo*****]
2017/07/17 07:14

ハンカチ以外の優待が欲しいです。
No.347 [投稿者:hau*****]
2017/07/16 17:14

帝国繊維の中期経営計画には、以下のような目標が並んでいます。

1重大な原子力発電所災害を防ぐ安全対策の構築に貢献する
2基幹産業の災害対策・自主防災の装備充実に貢献する
3公的組織の防災対応力強化・装備充実に貢献する
4セキュリティ分野に確固たる営業基盤を確立する
5当社事業の基盤である足元の事業を固め 更に磨きあげる
6収益力の持続的強化を目指す

我々の生命財産を、そして社会をどう守っていくかということに直接取り組むという点で、まさに帝国繊維ならではの使命を意識した目標であり、頼もしく、かつまた素晴らしいですね。ぜひ、この方向でチャレンジをしていただきたいし、また、たとえそのチャレンジが失敗したとしても、防災企業帝国繊維の株主としては寛容でありたいと思います。

しかし、ここで一つ疑問が生じます。不動産会社ヒューリック社株式の大量保有の問題です。直近の有価証券報告書の37ページによると、帝国繊維は同社株式を1780万株、先週末の終値ベースで195億円分保有しています。直近の決算での帝国繊維の総資産は577億ですから、総資産の実に3分の一に当たる額をこの不動産会社株に投じていることになります。

ここでもう一度、上記の中期経営計画にあげられた6つの目標を見てみましょう。不動産株を持つことが帝国繊維の目標とどう合致しているのでしょうか。うーん、難しいですね。ちなみに、この不動産会社が何をしているのかについての記事にこんな記述がありました。

>ヒューリックによる都心のオフィスビル取得を「まるで獲物に食らいつくように買いに動く」と、ある不動産会社の役員は評する。同社は6月から大阪での物件取得に動き始めているが、主戦場は都心5区を中心とした地域だ。「取得から1年以内という短期間で転売し、利益の柱の一つになっている」。
https://style.nikkei.com/article/DGXLASFL06HQD_X00C17A7000000?channel=DF150620172611

どうでしょう。ますます疑問が深まりますね。不動産の短期転売を利益の柱の一つにするような企業の株を大量保有しつづけることが帝国繊維の掲げる経営上の目標にどのように適合するのでしょうか。ここはひとつ、飯田時章会長、白岩強社長にぜひ、数字とともに具体的な説明をしていただきたいところですね。
No.345 [投稿者:hau*****]
2017/07/10 08:28

たまにはコーポレートガバナンス以外の話題も、ということで、2019年のG20が日本で開催されることに決定だそうで。これは、G7よりも大掛かりなテロ対策が求められるわけで、帝国繊維にも需要増が期待できそうな。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070900016&g=eco
No.344 [投稿者:iro*****]
2017/06/29 09:41

さて、四半期決算報告のリリース以降、会社は沈黙していますね。

中間配当をする場合、明日6/30になります。

スパークスの提案に対し、保有株を売却せず株主還元の意思表示をする最も合理的な選択ですが、果たしてどうなることやら。
No.343 [投稿者:hau*****]
2017/06/15 18:24

スパークス社の阿部修平社長が同社の決算説明会で帝国繊維に関する働きかけにも言及し、以下のように述べられています。非常に説得力のある言葉ですね。http://logmi.jp/210545

>私たちが言っていることは誰が考えても、合理的なことです。会社の経営陣のみなさんもそう思っておられると思っています。なぜかというと、3年間帝国繊維とスパークスはお話を続けて、みなさん私たちが、今回、提案していることについては、「それは問題だと思っております」と認識されていることを確認した上で、今回の提案をさせていただいているので、経営陣自身もそう思っている。ですから、「思っていることについてはぜひ変えていきましょうよ」ということを世の中に訴えかけました。多くのみなさんに共感していただきたい。時間がかかっても必ずやり遂げたいと思っています。
急いではいません。時間をかけて意識の転換を促すということだから。でもこれは誰かがやらなきゃいけない。なぜかというと私たちは、声なき多くの投資家、高齢者が将来を託している年金の資金であったり、子供の将来の進学のために蓄えてきた資金を受託して運用しているからです。

実は自分もスパークス社関係者と少しお話しする機会があったのですが、その方も、このような行動に出るのは異例なことであるが帝国繊維の経営はあまりにも古い、中の人はもうわかっている、世論を巻き込んで動かしていきたいとの旨をおっしゃっていました。自分はずいぶん長く帝国繊維に投資しており、本業はすごく気に入っているため当面売るつもりはないので、時間がかかってもいいからBSの変化そして株主に対する姿勢の変化をぜひ見せていただきたいと思います。

おりしも今日、GPIFが資産管理の在るべき姿についての意見の募集を開始しました。スチュワードシップコードが導入されて以降、時代は確実に変わっています。帝国繊維も、自己資本の先にいるのは誰なのかきちんと理解したうえで経営をしているとの姿勢を社会に提示する必要があるのではないでしょうか。
http://www.gpif.go.jp/public/request_for_information_on_framework_of_asset_ervicing.html
No.342 [投稿者:hau*****]
2017/05/19 20:46

>>337
遅くなりましたがお返事をば少々。

ロイターの記事内では阿部社長が以下のように、ほかの株主にも声を上げてほしいと呼びかけてらっしゃるのが自分のような泡沫株主にとっても心強いので。”Sparx will keep talking to Teikoku Sen-i management and also hopes other shareholders will be vocal,”

>百歩譲ってヒューリックが年20%超成長の超優良な金の卵なら議論の余地はありますが、それでも投資家が帝国繊維の株主であることを通じて得る必要があるリターンではありません

帝国繊維は防災という事業内容から由来する、景気に業績が左右されにくいという独自性を持っているからこそ、ディフェンシブ株としての魅力が大きかったのにもかかわらず、それをわざわざ、不動産という景気敏感株と抱き合わせにすることで、役員自ら会社の価値を棄損する事態になってしまっている気もします。何とかしてほしいという思いが強いです。

>スパークスとしても時間の問題ではあると考えているからこそ、あきらめずに提言を公表するに至ったのでしょう。

総会が開かれる3月ではなく4月に入ってからあの文書を公開したということは、1年の猶予を設けるのでその間に動いてくださいというようなメッセージなのかな、と思いました。まずは中間配当を出すということから自己変革のシグナルを出していってもらいたいところです。

奇しくも今日、損保業界の持ち合い解消の動きが進んでいることを伝える記事を読みました。帝国繊維の役員各位にも、われらが帝国繊維を磨き上げること、すなわち、富士銀天下り仲良しクラブの利益ではなく帝国繊維の従業員、取引先、株主の利益を最大化することをこそ追及していってほしいと思います。
http://jp.reuters.com/article/casualty-insurance-companies-idJPKCN18F0WQ
No.340 [投稿者:sac*****]
2017/05/15 12:22

いいね〜帝国繊維
No.338 [投稿者:iro*****]
2017/05/12 15:25

おりしも帝国繊維第一四半期は純利益が前年同期比41.5%増と好調です。

私はこれは帝国繊維にとっては面白くない状況と見ます。

なぜならこれで第二四半期での中間配当による増配が既定路線として投資家に認識されたからです。

この時勢で増配が無ければ経営方針の頑固な保守性が決定的に認識され、期待された株価は剥落するでしょう。

苦渋の決断になるでしょうが、帝国繊維には適切なコーポレートガバナンスの元、合理的な判断をお願いしたいものです。

他の機関投資家の方々もスチュワードシップコードの元、受益者保護のために議決権を行使していただきたいですね。
No.337 [投稿者:iro*****]
2017/05/12 15:13

> IR資料で10年前から同じ写真を使い続けている
笑いました。

ご紹介のロイターの英語記事のコメントが本当なら、相当な無知をさらけ出していますから心配になりますね。
あるいは海外投資家に目をつけられないよう、意図して無知を演じているなら相当な戦略家です。

配当金があるという理由だけで政策保有が合理化されるなら、この方は金利8%で借金して利回り1%(しかもリスク付き)の商品を買うんですね。だって配当金があるんですから売ったら勿体ないですね(笑)。

百歩譲ってヒューリックが年20%超成長の超優良な金の卵なら議論の余地はありますが、それでも投資家が帝国繊維の株主であることを通じて得る必要があるリターンではありませんし、現実はそうですらなく帝国繊維のROEは一般的な資本コストに対して話にならないわけですから論点が完全にずれています。

そもそもスパークスの提案はヒューリック株売却の還元ありきではないわけです。"他に有効な配分先が無いようなので"と条件付きで提言している趣旨をこのコメントされた方は理解できていないのでしょう。
資本コストを上回る成長投資に配分できるのなら売却後に再投資するのが合理的であり、株主にキャッシュを還元せずとも評価されます。

買収対策をドヤ顔で四半期報告書に載せている場合ではありません。

我々は個人投資家として冷静な見極めをする必要がありますね。

スパークス阿部社長のインタビュー
https://channel.nikkei.co.jp/m/watch/vod/?topfol=archive&topfile=201704251900
rennyさんの記事
http://ginsenfund.hatenablog.com/entry/2017/05/02/221350

以上はどちらも有料コンテンツのため直接引用は控えますが、この件については帝国繊維の経営トップ認識のみに問題があり、トップ未満の社内的には共感を持って対話がされているだろうということがうかがえます。

つまりスパークスとしても時間の問題ではあると考えているからこそ、あきらめずに提言を公表するに至ったのでしょう。
(現に、スパークスのスチュワードシップコードファンドでは、対話による進展が不可能と判断した銘柄は投資半ばで売却に至っています。)
No.336 [投稿者:hau*****]
2017/05/11 19:12

帝国繊維によるヒューリック株大量保有、そしてそれに対するスパークスの意見表明に関しては先月、ロイターの英語記事でも報じられていて、その中に、匿名の帝国繊維関係者によるヒューリック大量保有に関する以下のようなコメントが挙げられている。
http://www.reuters.com/article/sparx-group-japan-teikoku-sen-i-idUSL3N1HI1T5
”An official at Teikoku Sen-i said it holds Hulic shares for historical reasons but reducing its stake in Hulic may not make sense, considering its dividend payments.
The company has been steadily boosting dividend payments to shareholders, added the official who declined to be identified because he was not authorised to speak to the media.”
昔からの付き合いがあるのにくわえ、配当支払いがあり、なおかつ配当額を一貫して増やしているから売却はナンセンスとの旨の発言だが、一言で言って理解に苦しむ。なぜなら、ヒューリックの配当利回り、すなわち価格変動リスクにさらされている投資額に対する配当額の割合は、今日時点で1,71%に過ぎない。それに対し、ヴァンガードの全世界株式ETFのそれは2.25%である。いうまでもなく、株式は分散を効かせれば効かせるほど「リスク分のリターンの値」が高くなるというのは投資の基本中の基本なわけだ。では、株式クラスにおける究極の分散投資対象ティッカーvtよりも配当利回りが低いヒューリックに一点集中投資することの合理性はどこにあるのか?Financial Analyst Journalなりなんなりに、そんな投資方法を正当化するようなペーパーが一度でも掲載されたことがあるのか?IR資料で10年前から同じ写真を使い続けている飯田時章会長御年82歳および白岩強社長はこの点に関し株主に向けて説明をする義務を負っているとの自覚はあるのだろうか?
No.333 [投稿者:iro*****]
2017/05/03 13:28

【帝国繊維事業概況③】

ポイントその2
・防衛・防災関連資材の需要増(特に防衛装備庁の予算見通し)

直近の官公庁受注額上位は以下の通りだ。(公表情報のみ)

     2016年 2015年 2014年
防衛装備庁・陸上自衛隊 86% 60% 84%
消防庁 7% 20% 6%
警察庁 1.2% 6.3% 0.4%
警視庁 0.1% 1.2% 0.4%

安定的かつ過半を占めるのは防衛装備庁と陸上自衛隊である。

特に2016年は防衛装備庁だけで40億円以上の受注実績がある。

費目としては天幕(テント)、消防車、作業服が主である。

防衛省の平成29年度予算要求額は5年連続で増額となっている。帝国繊維の受注が期待できるのは「大規模災害への対応」の項目だ。具体的に個人用防護装備の取得(3000組)、化学剤検知器の取得等が挙げられている。

防衛・防災関連資材の需要は安定しており、上記のように直近では増加が見込まれている。その中で市場を寡占する帝国繊維の受注機会は引き続き安定していると言え、さらに若干の上振れを期待できる状況と考える。
No.327 [投稿者:iro*****]
2017/04/26 17:27

本日、スパークス(8739)は"株主還元の充実を図るとともに、資本効率の向上および経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行を可能とするため"自社株買いを発表。

3期連続となる。

コーポレートガバナンスとは、単なる文書として存在すればよいものではなく、このような行動を伴って初めてその価値があるのではないでしょうか。
No.326 [投稿者:iro*****]
2017/04/26 15:37

【帝国繊維事業概況②】

ポイントその1
・官公庁受注が売上に与えるインパクト(少数の大規模案件の寄与)

過去8年間(2009年~2016年)で帝国繊維の官公庁受注額トップ10案件を見てみよう。
(対象は公表情報のみ。★は昨期)

○第10位
受注日:2009/10/16
顧客:消防庁
件名:携帯型生物剤検知装置
受注額:6億1,100万円

○第9位
受注日:2011/11/15
顧客:消防庁
件名:緊急消防援助隊支援資機材の発注
受注額:6億1,898万円

○第8位
受注日:2014/3/28
顧客:防衛装備庁
件名:救難消防車 ⅠB型 7EA
受注額:6億7,964万円

★第7位
受注日:2016/2/5
顧客:防衛装備庁
件名:業務用天幕2型,一般用 400組
受注額:7億5,470万円

★第6位
受注日:2016/2/4
顧客:防衛装備庁
件名:業務用天幕2型,補給用 520組
受注額:8億533万円

○第5位
受注日:2013/9/20
顧客:消防庁
件名:消防団拠点資機材等(大型テント・簡易シャワー)
受注額:10億275万円

○第4位
受注日:2013/9/20
顧客:消防庁
件名:消防団拠点資機材等(その他資機材)
受注額:10億4,790万円

★第3位
受注日:2016/2/5
顧客:防衛装備庁
件名:業務用天幕,2号(改) 1440組
受注額:11億4,307万円

○第2位
受注日:2009/7/21
顧客:警察庁
件名:レスキュー車(Ⅱ型)
受注額:16億1,753万円

○第1位
受注日:2012/11/27
顧客:成田国際空港株式会社※
件名:1PTB南ウィングEDS購入
受注額:16億8,000万円

※民間だが官報記載のため挙げた。

この上位10案件のみで8年間累計の官公庁受注額の15%を占める。
大型の受注案件の売上へのインパクトは1件で5%以上に達することもあるということだ。

個別に見ると、
レスキュー車は単価が高いため受注するとインパクト大である。
防衛装備庁向けの天幕は発注数が多い場合に高額となる。
1位の成田空港のEDSは爆発物検知装置であり高額である。

公的な予算情報はいろいろなところにあるので、これらのキーワードに絞って今後の見通しを考えてみるのも面白いかもしれない。
No.325 [投稿者:iro*****]
2017/04/25 13:36

【帝国繊維事業概況①】

帝国繊維の事業について個人投資家として得られる情報は少ないが、ここではスパークス資料でもあまり触れられていない官公庁受注を中心に整理してみたい。
(何か情報をお持ちの方がいれば共有いただけるとありがたいです。)

近年の売上と、うち官公庁比率は以下の通り。
年 売上(億)官公庁比率
2009 235 30%
2010 262 38%
2011 249 25%
2012 338 40%
2013 328 23%
2014 350 24%
2015 278 24%
2016 251 26%
2017 280(会社予想)
2018 310(四季報予想 )
※会社予想は今期のみ、四季報に来期予想があるので付記した。

売上が突出しているのは2012~2014年だ。
これは震災後の原子力災害対策・防災対策の一時的な需要増によるものである。

注目したいのは、売上のうちの官公庁比率だ。
2010年と2012年のみが40%程度と高いが、その他の年は25%前後で推移している。

2012年は震災を受けた補正予算によって官公庁からの発注が増大した。
2013年と2014年は官公庁受注が落ち着く中、電力会社からの防災資材受注が受注を維持した形だ。

これらの3年間は特異年として考えるべきだろう。
年度予算である官公庁に対し、帝国繊維の決算は12月のため、発注時期によりずれ込みは生じ得るが、"売上300億弱、官公庁比率25%"が今の内需の巡航速度と考えられよう。

今期2017年の会社予想は、有報にある通り「民間案件のずれ込み」「官公庁補正予算案件の次年度繰越」を加味した値と考えられる。つまり直近の需要の伸びを示したものではない。

それに対して来期四季報予想は防災・テロ対策需要の伸びを織り込んだものと思われる。

投資家としては、この"防災・テロ対策需要の伸び"の大きさと蓋然性を見極めたいところだ。

ポイントは以下3点と考えている。

・官公庁受注が売上に与えるインパクト(少数の大規模案件の寄与)
・防衛・防災関連資材の需要増(特に防衛装備庁の予算見通し)
・東京オリンピックの需要増

次は、これらの各論について出来る限り整理してみたい。
No.324 [投稿者:hau*****]
2017/04/25 12:10

>>322
お返事ありがとうございます。自分は企業IRによく行くのですが、他のいろんな会社と比べてみた場合、帝国繊維はIR活動におけるキラーコンテンツ的なものを持っていると思うんですね。男の子はみんな消防車が大好きなわけで、ローゼンバウアーの空港用化学消防車なんて恰好良すぎるわけで。この辺をもっとアピールできれば、もと男の子だった投資家の目のキラキラ度、すなわちPERも上がる可能性を秘めているのではないかとも思います。さらに言えばヒューリック株ではなくローゼンバウアー株を買ってほしかったという思いが強かったりもします。

さて、スパークスの阿部社長のロングインタビューが公開されています。https://channel.nikkei.co.jp/m/watch/vod/?topfol=25&topfile=1900&ref=cnbc 彼の問いかけを、「人のうわさも75日」的に、うやむやに終わらせないことが大事で、そのためには株主、市場参加者一人一人が自らの責任を自覚することが求められているのだと思います。

最後になりましたが、帝国繊維社長のお名前、白岩さんのところを白石さんと間違えて書き込んでいました。それも何回も!社長、大変失礼しました!
No.323 [投稿者:iro*****]
2017/04/24 13:55

非効率な資本の還元を求める株主に対し、この要求を敵視したり強欲と批判するのは上場企業の経営者としてはまったく的外れなんですよね。

経営判断として「還元しない」なら「どのように再投資する」のか説明責任があるんだ。

それが嫌なら経営者はMBOをしてオーナーになればよい。

ROEが資本コストを上回ることは、株主がリスクを引き受ける代わりに得る正当なリターンであり、資本主義のドライバーそのものだ。そのプレミアムが無ければ投資家は誰も資本を投下しない。

これは価値観の問題ではなくルールの問題なんだ。

しかし世間で村上ファンドの行動の全て(インサイダー取引は別として)が金の亡者と批判され、肯定的な世論が形成されなかったことを見ても、日本人のお金に対する嫌悪感は相当なものなのだろう。

その価値観が日本人の美徳というならそれでもよいかもしれない。非上場企業でも問題はないだろう。

でも上場企業はダメだ。

大株主であるみずほFG、SOMPOホールディングス、GPIF等はこのルールに従う必要がある。

機関投資家自身が当たり前のことを出来ないから、金融庁は日本版スチュワードシップコードを策定した。

GPIFは日本版スチュワードシップコードを受け入れている。

日本企業を動かすには投資家としての総意が必要だ。
No.322 [投稿者:iro*****]
2017/04/24 12:35

そうですね。

そこまでの具体的な折衷案(例えば6月に増配and/or自社株買)を既にスパークスとも握っていればよいなぁと思いますが、スパークス資料での批判(会社側は行動を起こさない)や、有報の配当政策の記載(利益配当については(中略)企業体質の一層の強化並びに将来の事業展開に備えるための内部留保の充実を併せて図る)を見る限り、その可能性は低いと言わざるを得ないですね。

IRについて、コーポレートガバナンスの報告書に以下の記載がありますね。

【原則5-1 株主との建設的な対話に関する方針】
(3)定期的な投資家説明会等は行っておりませんが、通期の決算発表を東京証券取引所で行っているほか、開示資料に係る照会等についても、合理的な範囲内で、メール等での対応を行っております。

これを見る限り個人投資家向けの説明会や決算発表の動画や質疑を公開するつもりは無いようですね。

私には、決算発表してるんだから十分でしょと言っているように見えます。

書いていただいた通りで、これらの姿勢が変わるだけでも市場の評価は変わりますね。

※事業内容について分析しているのでまた書き込みますね。

ページトップ