特集・おすすめ情報

人気コンテンツ

アナリスト注目株情報
証券・金融業界のプロが連日注目株を配信!
注目株・銘柄ランキング
仕手株・急騰株・低位株・優待株など話題の注目株掲載!
株ブログ ランキング
人気の株ブロブを網羅、隠れた実力者を探せます!

注目株情報・銘柄ランキング

★ これから上がりそうな銘柄
★ 今注目されている銘柄
★ 仕手株の疑惑がある銘柄
★ 低位株・ボロ株注目銘柄
★ 株主優待ランキング
★ 短期上昇を狙える銘柄
★ 2ちゃんねるで話題の銘柄
★ ニュースになっている銘柄

業種別 注目ランキング

株ブログランキング

★ デイリー上昇ランキング
★ 短期騰落率ランキング
★ 長期騰落率ランキング
★ 連勝数ランキング
★ 仕手株ランキング
★ 低位株ランキング
★ 最大上昇率ランキング
★ 人気ランキング

逆アクセスランキング

お気に入り

株ブログサーフ
俺の株ブログランキング

ンク

世界の株価指数│リアルタイムチャート
FX2ちゃんねる│投資系2chまとめ
仕手株

3089テクノアルファ(株)

【注目】2018年も絶好調の凄い株サイト見つけたので紹介しておきます!

株価
1,125 (15:00) 前日比 -0.09%
週間記載ブログ
0ブログ
前日終値
(02/22)
1,126

日足チャート

チャート提供:株ドラゴン
始値
(09:00)
1,150
高値
(09:01)
1,178
安値
(14:41)
1,125
出来高
(15:00)
8,800
値幅制限
(02/23)
826~1426
単元株数 100株 最低購入代金 112,500円

テクノアルファ(株)関連ニュース ※関係のないニュースがある場合があります

日付 内容

適時開示情報

過去30日間の記載ブログ数

最近【テクノアルファ(株)】を紹介したブログ

並び替え
日付
仕手株
低位株・ボロ株
上昇率
日付 ブログ 記事 ブログのデータ
仕手株率 低位株率 平均上昇率
【PR】 銘柄ナビ
- PR -
株式投資で300万円、500万円と資産をどんどん増やすには?

2chスレ まとめ

23: 02/19 09:54 銘柄: 3089 |山師さん |NU1fzlbE.net
テクノアルファのHP見たらパワー半導体の本命だと分かる
【パワー半導体業界のリーディングカンパニー】
http://www.technoalpha.co.jp
【急騰】今買えばいい株9828【煽り日和】

yahoo掲示板(yahoo textream)のトピック

No.527 [投稿者:金田一]
15:19

いい加減さ予想値するから、早くも利食い売りだね
No.526 [投稿者:わらしべ]
06:43

3ヶ月後 予想株価 1,550円

テクノアルファ<3089>のフィスコ二期業績予想

フィスコ - 2/4 13:47

※この業績予想は2018年1月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。 テクノアルファ<3089>3ヶ月後 予想株価 1,550円
ワイヤボンダなど半導体製造装置が主力のエレクトロニクス専門商社。
No.524 [投稿者:*****]
2018/02/22 01:21

ここの今の時価総額だと高値づかみでも問題ないな。
No.523 [投稿者:tek*****]
2018/02/22 00:59

テクノアルファ株式会社
代表取締役社長 青島勉殿

貴社テクノアルファのホームページTOP画面に【パワー半導体業界のリーディングカンパニー】とありますが、今現在の貴社株式時価総額26億円では、市場から笑われてしまいますよ!!

h ttp://www.technoalpha.co.jp/

せめて、近い将来、貴社株式時価総額100億円になるように、PB商品(プライベートブランド商品)の販売比率を高める努力・工夫を、日々、死に物狂いで営業活動に精進してください。パワー半導体業界の圧倒的ナンバーワンのリーディングカンパニーを目指してください。


※株主の皆々様、テクノアルファに対して、物言う株主になりましょう!!テクノアルファに、株主の皆々様の英知を結集して、ビジネスアイデアを提案していきましょう!!テクノアルファを、世界に通用する一流企業に育てましょう!!

IR情報に関する各種お問い合わせにつきましては、下記のフォームをご利用ください。
h ttp://www.technoalpha.co.jp/ir/inquiry/
No.522 [投稿者:ppp*****]
2018/02/21 22:54

3089 テクノアルファ、子会社にペリテック、ケーワイエーテクノロジーズ

※テクノアルファが物色されそうなテーマ

パワー半導体関連~テクノアルファ
バラスト水処理関連~テクノアルファ
有機EL関連~テクノアルファ
電気自動車関連~テクノアルファ、子会社ペリテック
IOT関連~子会社ペリテック
EMC関連 ~電磁波ノイズ対策~子会社ペリテック
バイオ機器関連~子会社ケーワイエーテクノロジーズ
株主優待銘柄~11月末で100株以上、一律QUOカード 1,000円分
高配当銘柄~1株配当25円、本日の株価で配当利回り2.21%

※テクノアルファのホームページ
h ttp://www.technoalpha.co.jp/

※子会社ペリテックのホームページ
h ttp://www.peritec.co.jp/

※子会社ケーワイエーテクノロジーズのホームページ
h ttp://www.kya-tech.co.jp/
No.520 [投稿者:m78*****]
2018/02/21 21:38

FlexEnable社が次世代の新たな大面積フレキシブル・ディスプレイ
「12.1インチ プラスチックLCDプラットフォーム」を発表
ケンブリッジ(英国)、2016年12月13日:

h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/docs/flex_press161213.pdf

FlexEnableについて
FlexEnableは、紙一枚ほどの厚さのフレキシブル プラスチック フィルム上に有機材料を生成し有機エレクトロニクスを実現する、世界唯一のフレキシブル エレクトロニクス テクノロジー プラットフォームを有するパイオニア企業です。既存の製造ラインと互換性があり、それは面積の大小の制約を受けず、真にフレキシブルでコストパフォーマンスを実現するキーポイントと言えます。このテクノロジーの主要なアプリケーションは、ガラスフリーなフレキシブル・ディスプレイ及びセンサで、家庭用電化製品、携帯電話、ウェアラブル端末、自動車、医療、セキュリティを含む広範囲な産業におけるイノベーティブな製品の製造をもたらします。FlexEnableの主なユーザは、OEM、部品メーカ、材料メーカです。同社では、ProductEnable™, MaterialsEnable™ 、 FabEnable™を含むテクノロジー・プラットフォームの幅広いサービス・パッケージを提供しています。
www.flexenable.com

上記リリースに関するお問合せや各社とのコラボレーションをご希望の場合は、まずは下記までお問合せ下さい。
テクノアルファ株式会社
マーケティング
Tel : 03‐3492‐7430
Email: sales3_technalp@technoalpha.co.jp
No.518 [投稿者:m78*****]
2018/02/21 21:08

テクノアルファ(3089)船舶・環境機器の製品案内

MBRにも!
浸漬型SiCフィルター・膜

Cembrane社製浸漬型SiCフィルター・膜

h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/marine/cembrane.html

※アプリケーション資料を見ると、2016年12月にイタリアに船底汚水処理で実績がありますね!!

デンマークCembrane社製の浸漬型SiCフィルター・膜はヨーロッパ/北米を中心に販売実績を増やしています。
内圧式のチューブラー型エレメントと比較して低動力でろ過する事ができます。 もちろんMBR(膜分離活性汚泥法)にも最適です。

以下の課題にて優れた能力を発揮します。
•高含油アプリケーション
•高MLSSアプリケーション

既存処理方法の再検討や既存施設の膜更新、その他お困りのアプリケーションがございましたら是非お問い合わせください。

浸漬型SiCフィルター・膜のお問合わせ

浸漬型SiCフィルター・膜および関連製品についてのお問い合わせ・ デモ機でのご評価等のご用命は、下記担当者までお気軽にお問い合わせ下さい。

テクノアルファ株式会社
マリン・環境グループ(環境機器担当)

TEL:03-3492-7679
FAX:03-3492-2580
No.517 [投稿者:m78*****]
2018/02/21 20:11

※平成29年9月8日から5年以内の平成34年9月7日までは、バラスト水処理関連銘柄は、特需を迎えますね!!もちろん、テクノアルファも特需を享受する銘柄の一つです!!

※~発効後5年以内に外航船は順次バラスト水処理設備を設置する必要があります~

報道発表資料:「船舶バラスト水規制管理条約」が1年後の平成29年9月8日に発効することが決まりました - 国土交通省

「船舶バラスト水規制管理条約」が1年後の平成29年9月8日に発効することが決まりました
~発効後5年以内に外航船は順次バラスト水処理設備を設置する必要があります~

h ttp://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji07_hh_000055.html

平成28年9月9日

「2004年の船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」(※)が平成29年9月8日に発効することとなりました。同条約は、バラスト水に含まれる生物の排出に伴う環境への被害を防止するため、船舶に対してバラスト水の適切な管理を求めるものです。
我が国は、現存外航船へのバラスト水処理設備の設置年限について、世界の修繕ドックの処理能力を解析することにより、議論を主導しました。

※「2004年の船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」(船舶バラスト水規制管理条約)は、船舶のバラスト水(船体の安定性を保つための「おもし」として取り入れられる海水)に含まれる水生生物が、バラスト水を介して本来の生息地ではない海域に移入・繁殖することによる生態系への悪影響を防止するため、2004年に国際海事機関において採択されたものです。

船舶バラスト水規制管理条約は、平成28年9月8日にフィンランドが同条約を締結したことにより発効要件を満たしたため、1年後の平成29年9月8日に発効することとなりました。条約の概要については別添資料を参照ください。

我が国は平成26年に同条約を締結しており、国内法である「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律」の一部改正(平成26 年に公布済み)が、条約発効日から施行されます。

今後、同条約の円滑な実施に向け、関係事業者への周知に努めてまいります。
No.515 [投稿者:わらしべ]
2018/02/20 18:23

「パワー半導体」電気自動車(EV)関連
6467ニチダイ
に続く「バラスト水処理」関連
「有機EL」関連
トリプルテーマ株ですね♪♪♪
No.514 [投稿者:金田一]
2018/02/20 17:50

サムスン有機EL減産(*´・ω・`)bね
No.512 [投稿者:金田一]
2018/02/20 05:39

↓って業者さん鴨だね(笑)
No.511 [投稿者:per*****]
2018/02/20 01:08

子会社ケーワイエーテクノロジーズは、2017年11⽉期後半にリリースした新型nanoLCポンプに期待です!!

アップグレードした⾃社製品販売の強化
2017年11⽉期後半にリリースした新型nanoLCポンプの販売強化
No.510 [投稿者:per*****]
2018/02/20 01:05

ペリテックは、今期から、テクノアルファ神奈川事業所にエンジニアを常駐し、⾸都圏および中部地区での営業強化をするとのことですね。

ペリテックは、IOTの普及により、状態監視システムの受注が好調のようですね!!

IoT技術を利用した機械設備の状態・故障診断・安全監視システムの構築

概要
ペリテックの状態監視システムは、振動、ノイズ、温度計測値などの複合的にデータの傾向を見ることで、監視対象に合わせた高精度かつ高速な測定が可能です。
機械設備の異常を早期に検知することで事故の防止、保守費用を削減します。また、研究・開発・生産における検査にも幅広く対応可能です。

機能例
• 光ファイバー計測• ワイヤレス計測• 画像診断• 変状調査• 状態監視• 耐震診断• 圧力測定• 温度測定• 流量測定
• 多チャンネルセンサデータロギング• WEBからのモニタリング• 再生、解析、レポート• サーバーでのデータ管理 など

導入実績例
• 宇宙センター 気象観測システム• 宇宙センター ITV監視システム• プレス機械状態監視システム• エンジンダイナモ安全監視システム• 食品加工状態監視システム• 耐水圧/品質監視システム

h ttp://www.peritec.co.jp/download/catalog/condition_monitoring_system_peritec.pdf#search=%27%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF+IOT%27
No.509 [投稿者:lei*****]
2018/02/19 22:51

決算説明から、今期は、テクノアルファ、子会社のペリテック、ケーワイエーテクノロジーズ、全てで自社製品の伸びが期待できそうです。

テクノアルファは、自社製品含め製品ラインアップが充実し、顧客にフルラインで提案できるようになったこと、ペリテックは、IOT関連での受注が伸びているとのこと、ケーワイエーテクノロジーズは先期アップグレードが遅れていた製品が11月にリリースされ、今期受注が期待できるとのこと。

パワー半導体、有機ELの今後の市場の大幅な伸びも含め、全てがテクノアルファにとって、受注環境が改善されてきました。
No.508 [投稿者:わらしべ]
2018/02/17 19:41

大相場の足音――「パワー半導体関連」仕込み場のワケ <株探トップ特集>

株探ニュース - 2/17 19:30



半導体関連への再資金流入が観測されるなか、EV向けの需要拡大が見込まれるパワー半導体関連銘柄に注目したい――。

―EV新時代とその先にある成長市場、“望外の安値”はここに―

 米国株市場を震源地とする世界株波乱も目先的には落ち着きを取り戻し、業績面から売られ過ぎた銘柄やテーマ物色の枠から転げ落ちた銘柄に仕切り直しの買いが入り始めた。まだ予断は許さない状況にはあるが、リスクオフの大波に浚われる形で値を下げた銘柄は、望外の安値で拾える状況が提供されている。

●“米国主導”の半導体セクター大出直り相場に

 米国では直近、アプライドマテリアルズやインテル、エヌビディアなど半導体関連株が急速に切り返し歩調にあり、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も底入れ反転の動きが鮮明だ。日本では外国為替市場で進むドル安・円高が輸出セクターに重荷となっているが、今週に入って東京エレクトロン <8035> を筆頭にアドバンテスト <6857> 、SCREENホールディングス <7735> といった半導体製造装置 メーカーや、信越化学工業 <4063> 、SUMCO <3436> など半導体材料メーカーに投資資金の再流入が観測されている。

 2月前半の波乱相場で大きく売り込まれた半導体関連株は、「リスク・パリティ」などボラティリティ低下を主眼に置いたファンドのリスク量調整の機械的な売りが想定外の下げにつながった側面も否定できない。その売りも足もとは出尽くした感があり、リスクオフの巻き戻し局面では株価に浮揚力が働く可能性を念頭に置きたい。為替市場を横にらみの展開ながら、今の株式市場では総じて輸出株は円高抵抗力を発揮している。ここから1ドル=105円台を大きく下回るようなドル売りの動きは考えにくく、半導体関連は追撃買いで対処して報われそうだ。

●パワー半導体の成長に勢い、市場は3兆円超えへ

 半導体関連として代表的なのはメモリー市場だが、それ以外では近年急速に成長過程にある「パワー半導体 」市場が注目されている。パワー半導体とは、交流を直流に変えたり電圧を下げるといった、電気エネルギーの変換や制御に使われる半導体のことで、高電圧や強力な電流を扱うことが可能。また電力ロスの少ない形で変換できるのが強みで、鉄道車両などの産業用途からエアコンなどの家電レベルまでその用途は非常に幅広い。

 また今後は、環境規制の高まりから世界的に普及加速の兆しにある電気自動車(EV)向けで需要が急速に伸びてくる公算が大きい。EV向け以外でも、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギー分野で需要があり、市場規模は早晩3兆円を超えてくると試算されている。そうしたなか、株式市場でも徐々にテーマ物色の流れが強まってきた。

 パワー半導体を形成する材料で主流となっているのはシリコンウエハー を使用したものだ。しかし、シリコンウエハーの薄化を進める過程において電圧の負荷で壊れてしまうなどの開発面での限界も見えてきた。近年はシリコンよりも耐圧、高速・高温動作などで優位性を持つ炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)を使用した次世代パワー半導体の実用化が進められている。特に、鉄道車両用インバーター装置向けなどをはじめ耐圧1キロボルトを上回る高耐圧用途ではSiC製品の需要が喚起される可能性が高く、現状も国内外の大手メーカーによるSiCパワー半導体の量産に取り組む動きが目立っている。
No.507 [投稿者:金田一]
2018/02/17 15:12

何か業者さん見たいな掲示板だね
No.506 [投稿者:金田一]
2018/02/17 08:12

mwoの人って、ここの人かな?
No.505 [投稿者:mru*****]
2018/02/16 01:22

いまのうちに、テクノアルファ買いです。

今年は、有機EL、特にフレキシブルディスプレイ、OLCD(有機液晶ディスプレイ)関連銘柄が市場を賑わすことでしょう!!

アップル、サムスン、LG電子の動きをみていれば、わかります。

OLCD(有機液晶ディスプレイ)でも、特に優れているFlexEnable社製フレキシブル有機エレクトロニクスを扱うテクノアルファ(3089)の今後の株価に要注目です。
No.504 [投稿者:mwo*****]
2018/02/14 21:54

ようこそ宮崎大学HTLV-1/ATL総合診療研究ファシリティーのホームページへ

当施設は、H24年度文部科学省特別研究経費研究推進「ATL対策宮崎モデルの確立に向けて」の採択に伴い、H24年4月に発足しました。
現在、H29年度「 HTLV-1/ATL研究診療分野における拠点形成-宮崎の特性を活かしたHTLV-1感染からATLへの包括的研究医療推進-」
としてプロジェクトを遂行し、我々は基礎と臨床、大学と地域の連携を促進し、ATLの発症メカニズムの解明、治療方法の開発に全力を尽くします。

h ttp://www.med.miyazaki-u.ac.jp/atl/index.html

解析機器紹介
■ナノLC
メーカー名:㈱ケーワイエーテクノロジーズ
型式:DiNaシステム
□主な仕様
  微量サンプルの分離精製が可能です。プロテオーム解析においては質量分析計と組合わせることにより、高度な配列決定を行うことができます。
No.502 [投稿者:mwo*****]
2018/02/14 21:43

(株)ペリテック 会社紹介

h ttps://youtu.be/UJg1tgl4luw

株式会社ペリテック h ttps://www.peritec.co.jp/
〒370-0862 群馬県高崎市片岡町1-17-2
TEL 027-328-6970 FAX 027-322-7218
No.500 [投稿者:mwo*****]
2018/02/14 21:36

3089 テクノアルファ子会社のペリテック、すばらしい会社ですね!!ペリテックは、電気自動車関連銘柄、IOT関連銘柄です。

◎ペリテック システム開発事例集 - YouTube

h ttps://www.youtube.com/watch?v=STK-SKJk338

2018/01/16 に公開

株式会社ペリテックのシステム開発事例集です。
LabVIEW発売元のナショナルインスツルメンツ(NI)社が開催しているグラフィカルシステム開発コンテストにペリテックが応募作品を紹介します。

◎ペリテック創立30周年記念動画 - YouTube

h ttps://www.youtube.com/watch?v=cbO81b09tn0

2018/01/16 に公開

ペリテックはおかげさまで2015年3月2日で創立30周年を迎えました。
これもひとえに関係各位のご支援ご厚情の賜物と深く感謝いたします。
今後とも倍旧のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
No.499 [投稿者:kor*****]
2018/02/14 01:14

テクノアルファにとって、円高は大歓迎!!
輸入比率が高いため、円高による仕入れコストの低減、為替差益が発生し、有利に働きます!!
No.498 [投稿者:yrj*****]
2018/02/14 00:37

ペリテックのSI事業は、絶好調のようですね!!まさに、IOT銘柄ですね!!

【受注は好調、グループ合計対前期比末で62.4%の大幅受注増】

2018年1月16日開示のH29年1月期決算説明資料(ご参考:期末受注残の推移)によれば、対前期比末での受注残増減率は、エレクトロニクス事業(36.2%増)・マリン・環境機器事業(58.5%増)・SI事業(179.9%増)・サイエンス事業(48.8%増)・グループ合計62.4%の大幅増となっており、今期業績は好調が予想されます。

※電気自動車、IOTの普及と共に、ノイズ対策の重要性が高まっている!!

ペリテックの電磁波ノイズ測定解析装置に大注目ですね!!

h ttp://www.technoalpha.co.jp/webmagazine/2014/jan/02.html

暮らしにかかわるEMC ~電磁波ノイズ対策~

近年は電子機器への依存度が非常に高まってきており、EMCは今まで以上に重要視されています。 自動車を例に挙げますと、カーナビゲーション、スマートエントリーシステム、デジタル計器やエンジン制御などの数多くの電子制御回路が搭載されています。 電気自動車では動力も電気エネルギーから得ています。 パワー系やブレーキシステム等の異常は直ちに安全を脅かしますので、カーエレクトロニクスの分野においてはEMCの安全性をより高める必要があります。 EMCに問題が無いか各社において様々な評価が行われています。 このような努力によって私たちの安全で豊かな暮らしが実現しているのです。
No.497 [投稿者:nei*****]
2018/02/13 22:11

RFIDアンテナの受信角度の特性

EMI TESTER PERITEC

h ttps://www.youtube.com/watch?v=x7bd7ntDACs

2018/01/16 に公開

アンテナには角度によって、電波受信の感度がよくなったり、悪くなったります。そのアンテナ指向性を自動で計測しました。
No.496 [投稿者:nei*****]
2018/02/13 22:09

テクノアルファ(3089)の子会社ペリテックは、すごい企業ですよ!!
正直言って、ペリテックだけでも、テクノアルファの株式時価総額あってもおかしくないと思います。

EMIテスタ EMV-200 (ペリテック)

h ttps://www.youtube.com/watch?v=hvLHMx3W9kg

2018/01/16 に公開

ペリテックのEMIテスタは、電子機器から発生する電界・磁界のノイズ分布を高­精度に自動測定します。
高精度可動テーブルは、PCBやIC等に複雑な凸凹があっても、その形状を自動的にト­レースし、高感度に測定し、 測定データは、多彩な3Dグラフィックスで可視化します。(専用の解析ソフトが付属さ­れています。)
No.495 [投稿者:nei*****]
2018/02/13 21:52

テクノアルファ 円高になると利益が増える円高銘柄ですよね???海外からの輸入品が安くなるのですよね???
No.494 [投稿者:heu*****]
2018/02/13 21:44

【有機EL関連】

同社はLCD(液晶ディスプレイ)やOLED(有機ELディスプレイ)のパネルに使用される光学用粘着剤、偏光板などの部品・材料、また、その製造工程で使用される偏光板カッター、LCD評価装置、ガラス・液晶基板洗浄剤などの装置、消耗部材などを取り扱っています。
※iPhoneXでは有機ELディスプレイを備えたモデルがラインナップされており、有機EL関連は今後も需要の伸びが期待される「テーマ」と考えられます。


【受注は好調、グループ合計対前期比末で62.4%の大幅受注増】

2018年1月16日開示のH29年1月期決算説明資料(ご参考:期末受注残の推移)によれ
ば、対前期比末での受注残増減率は、エレクトロニクス事業(36.2%増)・マリン・環境機器事業(58.5%増)・SI事業(179.9%増)・サイエンス事業(48.8%増)・グループ合計62.4%の大幅増となっており、今期業績は好調が予想されます。

同社の主力であるエレクトロニクス事業の受注は36.2%をはじめとして「バラスト水処理関連」が含まれる事業であるマリン・環境機器事業は58.5%増、SI事業の179.9%増が特筆されるところとなっています。


【11月株主優待は1,000円のクオカードを進呈25円配当、長期保有にも適す】

同社は株主優待制度を導入しており、11月末権利日100株以上保有で1,000円分の同社オリジナルクオカードを進呈しています。また、今期期末配当は25円(会社予想)が予定されていることから配当+株主優待でNISA口座などでの長期保有するメリットもありそうです。

株価1,030円(2018年2月6日終値)
―-執筆者名:わらしべブログ名:テンバガーへGO!わらしべのブログ

《SK》
株式会社フィスコ
No.493 [投稿者:heu*****]
2018/02/13 21:43

個人投資家わらしべ:テクノアルファは「バラスト水処理」「有機EL」関連のWテーマ株【FISCOソーシャルレポーター】

2月9日(金)14時38分配信 フィスコ

h ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180209-00935060-fisf-stocks

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
―-

※2018年2月6日22時に執筆

フィスコソーシャルレポーターのわらしべです。

【バラスト水処理関連・有機EL関連のWテーマ株】

私はテンバガー(10倍株)にもなりえる人気銘柄の条件として「テーマ性」を重視しております。

しかしながらその「テーマ」が市場からの注目を集めるタイミングは予想が付きません。2つのテーマ「Wテーマ」を内包した銘柄であれば、いずれかの「テーマ」が注目されれば良い訳ですから理論的に人気化する確率は高まると思っております。

そこで「Wテーマ」を内包している銘柄としてテクノアルファ<3089>に注目してみたいと思います。

テクノアルファ<3089>
JASDAQスタンダード

【事業概要】

エレクトロニクス事業・マリン・環境機器事業・システムインテグレーター(SI)事業・サイエンス事業・その他事業(開発)等を事業展開しています。

【バラスト水処理関連】

同社のマリン・環境事業部門では「浸漬型SiCフィルター・膜」を手掛けており、同社HPによれば海水の処理に有効であり、2016年12月にはイタリアに「船底汚水処理」の機器の納入実績があると記載されています。「バラスト水」は船底に貯めておく海水であり、「浸漬型SiCフィルター・膜」は汚水(海水)の浄化機器であることから「バラスト水処理」関連と考えられます。

※船舶に積載されている「バラスト水処理」に関しての国際条約が2017年9月8日から発効、「バラスト水処理」関連は「テーマ」として今後注目されるものと考えられます。テクノアルファも関連銘柄の一角としてクローズアップされる可能性もあるでしょう。

続く
No.492 [投稿者:hill]
2018/02/12 19:40

パワー半導体の銘柄で一番伸びしろあると思ってます
No.491 [投稿者:金田一]
2018/02/12 09:05

なんか誇大広告みたいだね下って↓
No.490 [投稿者:jty*****]
2018/02/12 08:31

テクノアルファ(3089)子会社のケーワイエーテクノロジーズ、いいね!!世界で初めて上市し・・・

h ttp://www.kya-tech.co.jp/company/

※弊社ブランド品としては、ユニークなクロマトデーター処理ソフトウェア、ダイレクトナノフローHPLCシステムなどがあります。プロテオーム解析用として、質量分析装置に必須なダイレクトナノフローHPLCシステムとしては世界で始めて上市し、今日まで多くの研究者のご支持を頂戴しております。

ご挨拶

弊社は平成12年4月に創立し、海外輸出向けのHPLC用カラムの製造販売からスタートしました。

主に理化学分野における分析機器の開発と販売を行っております。弊社ブランド品としては、ユニークなクロマトデーター処理ソフトウェア、ダイレクトナノフローHPLCシステムなどがあります。プロテオーム解析用として、質量分析装置に必須なダイレクトナノフローHPLCシステムとしては世界で始めて上市し、今日まで多くの研究者のご支持を頂戴しております。

私たちは、多様化する分析手法の進歩に機敏に対応して、研究者の皆様方のニーズに最先端技術をご提供し、世の中に貢献して参ります。

株式会社ケーワイエーテクノロジーズ
代表取締役 金田 晶
No.489 [投稿者:jre*****]
2018/02/12 08:15

テクノアルファ、子会社のペリテックとケーワイエーテクノロジーズの自社開発商品の売れ行きによっては、株価10倍高(テンバーガー)は、普通にありえると思いますが・・・

◎テクノアルファ自社開発商品
・パワーデバイスIV測定システム
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/semiconductor/wp4ps.html

・基板分割装置
匠の技:セラミック基板の全自動分割装置 CSM-7000
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/semiconductor/csm7000.html

・パワー半導体製造装置 設計・製作・カスタマイズ 基板貼付機/基板分割機/ボンディング外観検査装置
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/semiconductor/customize.html

外観検査装置 HC-AZ
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/semiconductor/hcaz.html

太陽電池特性評価システム
テクノアルファ社製太陽電池特性評価システム
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/solar/assessment.html

太陽電池耐久試験システム
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/solar/durability.html

サニタリー対応 吐出装置
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/dosing.html

◎ペリテック
広範囲三次元ノイズキャプチャー EMI-360
ペリテック社製広範囲三次元ノイズキャプチャー EMI-360
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/emi360.html

EMI テスタ
ペリテック社製EMIテスタ
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/emi.html

ストレス測定システム/ストレスチェッカー
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/stresscheck.html
No.488 [投稿者:jre*****]
2018/02/12 07:50

凸版印刷様向け次世代「IoA 仮想テレポーテーション」のプロトタイプにFlexEnable 社製OLCD(有機液晶ディスプレイ)を搭載

h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/docs/flex_news171129.pdf

(上記内容は、2017 年11 月6 日に告知された凸版印刷株式会社様のニュース・リリースより許可を得て引用しております。)
上記ニュース・リリースに関するお問合せをご希望の場合は、まずは下記までお問合せ下さい。
テクノアルファ株式会社
マーケティング
Tel : 03‐3492‐7430
Email: sales_technalp@technoalpha.co.jp


「IoA仮想テレポーテーション」の紹介動画

トッパン公式チャンネル / TOPPAN Official Channel

h ttps://www.youtube.com/watch?v=A7GIuJ_eHy8

■IoA仮想テレポーテーションの技術的特長

 以下3つの特長を組み合わせ、臨場感あふれる遠隔体験を実現しています。

① 遠隔地の分身ロボットに乗り移り、その場所に自分が存在するかのように自由に移動

② 分身ロボットの曲面ディスプレイに自分の身体が投影され、対面者へ自分の存在を強調

③ 5Gネットワークにより、高精細かつシームレスな新臨場体験の享受
No.487 [投稿者:pwr*****]
2018/02/11 01:19

Trulyは2018年に「フレキシブルOLCD」の量産開始

分析工房
2017年 8月 15日 UBIリサーチ

7月31日に、フレキシブルディスプレイとセンサー用有機電子装置を開発する英国のFlexEnableと、ディスプレイを製造する中国のTrulyが技術移転とライセンス契約を締結したと発表した。今回の契約は、FlexEnableのフレキシブルOLCD(Oorganic Liquid Crystal Display)技術を、2018年からのTrulyの量産に採用することを目標にする。

OLCDは長寿命、高輝度、低コストの製造工程で大面積ディスプレイを実現できるディスプレイ技術として注目されている。また、フレキシブルディスプレイを採用した場合、曲率半径が20mm程度まで曲げることができるため、消費者向けの電子機器、スマート機器、自動車、デジタルサイネージなど、様々な分野での活用が期待されている。

FlexEnableによると、OLCDは低温工程で製造可能なFlexEnableの柔らかい有機薄膜トランジスタ(OTFT)に 、TACとPETなどの低価格プラスチック基板を用い、従来のTFT LCD生産ラインで製造することができると明らかにした。またOTFTは、アモルファスシリコン(Amorphous Silicon、非晶質シリコン)より優れた電気的特性を持っており、プラスチックLCDは、Glass-based LCD同様の品質と信頼性を提供し、薄くて軽くて基板が割れない飛散防止特性がある。

Trulyは世界初となるOLCD量産開始に向け、中国の広東省汕尾市にある従来の生産ラインで製造工程を構築する。Trulyによる初サンプルは、2018年初の公開予定で、2018年末には量産開始が可能になると見込まれている。

TrulyのR&Dセンター総括責任者KK Ho氏は「FlexEnableのOLCD技術は、TFT-LCD産業において画期的な製品で、薄くて軽いだけでなく、耐久性にも優れており、革新的なデザインを開発することができる。Trulyは現在、顧客からフレキシブルディスプレイ、特にウェアラブル機器、スマート家電、電気自動車、自立走行車などに関する問い合わせを受けている。OLCDは大変興味深い技術で、潜在市場規模が大きい」と述べた。
No.486 [投稿者:pwr*****]
2018/02/11 01:05

テクノアルファ提携先である英FlexEnableと仏ISORG 、ホームページを見ると、凄い企業ですね!!

◎英FlexEnable社のホームページ
h ttp://www.flexenable.com/

FlexEnable社とは?

FlexEnable社は、英国ケンブリッジ大学Cavendish研究所から発祥したPlasticLogic社より2015年2月にスピンアウトし設立されました。 現在、英国ケンブリッジに本拠を置き、50名以上のスタッフ、130以上の特許を擁します。 大半のスタッフはエンジニアスタッフで構成されています。
同社ユーザにはOEM、ディスプレイ、電子機器・部品メーカが含まれ、同社は3つに区分されるサービス・パッケージを提供しています。
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/flexenable.html

◎仏ISORG社のホームページ
h ttp://www.isorg.fr/

ISORG社とは?

フランスISORG社はフランス原子力庁(CEA)傘下である新エネルギー技術・ナノ材料開発センター(CEA-LITEN)から2010年スピン・オフし創設された有機半導体、プリンテッド・エレクトロニクスのパイオニア的企業です。 ISORG社の本社およびパイロット工場は、現在、フランス グルノーブルのCEA-LITEN内にあります。
現時点において、ISORG社は世界に先駆け有機エレクトロニクス分野での有機センサの印刷製造技術を確立し、製造を行っている世界をリードした一企業と言えます。
2018年、フランス リモージュの新工場にて更なる増産に対応していく予定です。 その際、有機フォトディテクタをアレイ化したシートサイズは、現サイズ32×38cmから65×78cmまで対応可能になります。
h ttp://www.technoalpha.co.jp/products/mems/isorg.html
No.485 [投稿者:jeo*****]
2018/02/10 23:05

2017 年 3 月 3 日(金)フィスコ 企業調査レポート

3089 テクノアルファ

プリンテッド ・ エレクトロニクスデバイスの成長に期待

今後の成長が期待される新規商材として、プリンテッド・エレクトロニクスデバイスが挙げられる。提携先である仏ISORG と英FlexEnable が2016 年10 月に高解像度のフレキシブル指紋センサを共同開発したと発表しており、生体認証デバイスを始めとした多様なアプリケーションでの展開が期待されている。現在、国内の複数企業に提案活動を行っている段階にあり、今後の動向に注目したい。

(3) プリンテッド・エレクトロニクスデバイスに注目
同社では電子デバイスの次世代技術として、プリンテッド・エレクトロニクスデバイスに注目している。なかでも、同社が提携先としている仏ISORG と英FlexEnable が共同開発した高解像度のフレキシブル指紋センサは今後、様々な用途での展開が期待されている。同製品は0.3mm 厚のプラスチック・シート状のセンシングデバイスとなり、解像度では500dpi (dotsper inch) と世界最高水準を達成している。
用途としては、薄型、フレキシブル形状の特徴を生かして、スマートカードや携帯電話、ウェアラブルデバイスなどへの搭載が期待されている。また、製造技術も低温環境下でのプラスチック表面上への印刷製法のため、通常の半導体技術を使ったセンサよりもコスト面で優位性を持つと見られる。指紋センサ以外にも光センサやモーションセンサなど各種センサをフレキシブルデバイスとして製造可能なほか、フレキシブルディスプレイへの応用も可能であり、
様々な用途展開が考えられている。実際、国内でも複数の企業からアプリケーション開発用としての引き合いが来ており、今後の動向が注目される。
No.484 [投稿者:jeo*****]
2018/02/10 23:03

テクノアルファの全事業が、昨年11月末の期末受注残が、大幅増になっております!!

おそらく、上場以来、こんなに、テクノアルファにとって、成長するための事業環境が整ってきたのは、初めてではないだろうか!!

エレクトロニクス事業、マリン・環境機器事業 、SI事業、サイエンス事業、全てがこれから成長軌道にのってくる事業ばかりですね!!
No.483 [投稿者:grr*****]
2018/02/10 21:06

ペリテックは、電気自動車銘柄だけではありません。IOT銘柄でもあります!!
No.482 [投稿者:grr*****]
2018/02/10 21:05

ペリテックは、電気自動車関連の中核銘柄ですよ!!

※電気自動車の普及と共に、ノイズ対策の重要性が高まっている!!

ペリテックの電磁波ノイズ測定解析装置に大注目ですね!!

h ttp://www.technoalpha.co.jp/webmagazine/2014/jan/02.html

暮らしにかかわるEMC ~電磁波ノイズ対策~

近年は電子機器への依存度が非常に高まってきており、EMCは今まで以上に重要視されています。 自動車を例に挙げますと、カーナビゲーション、スマートエントリーシステム、デジタル計器やエンジン制御などの数多くの電子制御回路が搭載されています。 電気自動車では動力も電気エネルギーから得ています。 パワー系やブレーキシステム等の異常は直ちに安全を脅かしますので、カーエレクトロニクスの分野においてはEMCの安全性をより高める必要があります。 EMCに問題が無いか各社において様々な評価が行われています。 このような努力によって私たちの安全で豊かな暮らしが実現しているのです。
No.481 [投稿者:tyh*****]
2018/02/10 20:11

テクノアルファの子会社でありますペリテックもすごい会社ですね!!

ペリテック主要取引先
h ttp://www.peritec.co.jp/company/client.html

◎一般企業
IMV株式会社
NSKステアリングシステムズ株式会社
曙ブレーキ工業株式会社
株式会社アドバンテスト
いすゞ自動車株式会社
伊藤超短波株式会社
沖電気工業株式会社
カルソニックカンセイ株式会社
キヤノン株式会社
グラフテック株式会社
株式会社ケーヒン
小糸工業株式会社
コーニングジャパン株式会社
株式会社小松製作所
三洋電機株式会社
サンディスク株式会社
株式会社資生堂
シチズン時計株式会社
シャープ株式会社
信越半導体株式会社
スタンレー電機株式会社
セイコーインスツル株式会社
ソニー株式会社
ソニーイーエムシーエス株式会社
太陽誘電株式会社
株式会社チノー
株式会社デンソー
株式会社東芝
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
凸版印刷株式会社
株式会社ニコン
日産自動車株式会社
日本光電東京株式会社
日本航空電子工業株式会社
日本信号株式会社
日本精工株式会社
日本電気株式会社
日本電気航空宇宙システム株式会社
日本電計株式会社
日本電産トーソク株式会社
日置電機株式会社
株式会社日立アドバンストシステムズ
株式会社日立製作所
株式会社日立ハイテクノロジーズ
日野自動車株式会社
フォスター電機株式会社
株式会社フジクラ
富士写真光機株式会社
富士フィルム株式会社
富士ゼロックス株式会社
富士通株式会社
株式会社ブリヂストン
ホーチキ株式会社
ボッシュ株式会社
ホンダエンジニアリング株式会社
株式会社ホンダロック
本田技研工業株式会社
株式会社本田技術研究所
パナソニック株式会社
株式会社ミツトヨ
株式会社ミツバ
三菱電機株式会社
三益半導体工業株式会社
株式会社村田製作所
ショットモリテックス株式会社
矢崎部品株式会社
ヤマト科学株式会社
ヤンマー株式会社
ルネサスエレクトロニクス株式会社
八洲電機株式会社

◎官庁・学校
JAXA|宇宙航空研究開発機構
群馬大学
建築研究所
札幌医科大学
超伝導工学研究所
東京大学
東京工業大学
新潟産業大学
新潟大学
日本原子力研究所
明海大学
理化学研究所
労働安全衛生総合研究所

(五十音順、敬称略)
No.480 [投稿者:tyh*****]
2018/02/10 20:05

<調査結果の概要>

■フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクス関連製品の世界市場

 ※グラフ資料は添付の関連資料を参照

 対象としたフレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクス関連製品の2017年の市場は3兆3,473億円が見込まれる。

 中小型AMOLEDの構成比が大きく60%弱を占めており、2030年でもほぼ同程度の構成比を占めるとみられ市場への影響が大きい。また、大型AMOLEDやタッチセンサーも規模が大きい。今後は、有機EL照明や導電性テキスタイル、有機薄膜太陽電池、色素増感型太陽電池/ペロブスカイト太陽電池、生体電位センサーなどの伸びが予想される。

 大半の関連製品が今後も順調に伸びるとみられ、2030年の市場は8兆8,569億円が予測される。

 ※以下は添付リリースを参照

以上
No.479 [投稿者:tyh*****]
2018/02/10 20:04

富士キメラ総研、フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクス関連の世界市場調査結果を発表  :日本経済新聞

h ttps://www.nikkei.com/article/DGXLRSP470554_V00C18A2000000/

2018/2/5 16:50

発表日:2018年2月5日

IoTを進展させる要素として注目される

フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクスの世界市場を調査

―2030年予測(2017年見込比)―

 ■関連製品市場 8兆8,569億円(2.6倍)

  ~中小型AMOLEDが拡大をけん引、有機EL照明や導電性テキスタイルなども大きく伸びる~

  ~フレキシブル採用率は67.5%、プリンテッド採用率は20.5%にそれぞれ上昇する~

  ~特にウェアラブル/ヘルスケア分野、流通・小売分野、自動車分野での採用拡大が期待される~

 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 田中 一志)は、IoTをキーワードに様々な用途で採用増加が期待され、次世代エレクトロニクスとして注目されるフレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクス関連の世界市場を調査した。

 その結果を「2018 フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクスの将来展望」にまとめた。

この調査では、フレキシブル/有機/プリンテッドエレクトロニクス関連製品18品目、プリンテッドエレクトロニクス関連材料11品目、有機EL関連材料5品目、基板3品目、印刷装置5品目の各市場について現状を調査し、将来を予想した。

 ・フレキシブルエレクトロニクス:基板材料として、ガラスなどリジッドな材料ではなく、フィルム、紙、繊維といったフレキシブルな材料を用いたエレクトロニクスを指す。薄型、軽量、割れないことが重視されている。

 ・有機エレクトロニクス:電界発光、光電変換、半導体機能などの機能性有機化合物材料を用いたエレクトロニクスを指す。

 ・プリンテッドエレクトロニクス:製造工程の一部、または全てに塗布・印刷技術を適用したエレクトロニクスを指す。従来プロセスに比べ、大面積化、フレキシブル化、低コスト化を実現できる。

続く

ページトップ